grape [グレイプ]

紙とペンだけで『オセロ』をする方法 「発想が天才」「めっちゃ楽しそう」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

大学の講義に出席していたe i k i(@Noir_e5)さんは、真剣に悩んでいました。

それは講義の内容ではなく、『どうすれば紙とペンだけでオセロができるのか』という遊びについてです。

オセロといえば、白と黒の丸いコマを順番に盤に置き、同じ色に挟まれたコマを裏返していくゲーム。

世界中で長年愛されているゲームなので、遊んだことのある人がほとんどでしょう。

「オセロを紙とペンだけで遊ぼう」と、e i k iさんが導き出した答えがこちらです!

正の字を使って偶数と奇数で分ければいい

なんと、『白と黒』を『奇数と偶数』に置き換えることで、紙とペンだけでオセロができる方法を考えついたのです。

もう少し詳しくルールを解説します。

まず初めに、盤の中央に『正』の字の1画目と2画目を描きます。1画目の奇数を白、2画目の偶数を黒と考えるといいかもしれません。

先攻の奇数側が4fの位置に奇数を書いた場合。奇数に挟まれた4eの偶数は、線を1本足されて奇数になります。これがオセロでいう『裏返り』です。

次に偶数側が、3fに偶数を書き込むと4eは裏返り、偶数になります。

こうしてゲームを進めていき、最後に「奇数と偶数どちらが多いのか」を数えて勝敗を決めるのです。

ペンと紙さえあればオセロができる画期的な方法に、称賛の声が寄せられました。

・正の字の書き込まれた数を見れば、「どこが何回取られたか」が視覚的に分かっていいですね!

・これは天才的な発想!

・めっちゃ楽しそう!友達とやってみます!

柔軟な発想から生まれた、新しいオセロの形。

これはヒマな時でなくても、遊びたくなってしまいますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Noir_e5

Share Tweet LINE コメント

page
top