grape [グレイプ]

『エレガントな終活』 これからの『時間』の生き方

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

これからの『時間』をエレガントに生きる

6月20日に、新刊『エレガントな終活』が出版されます。『終活』と聞くと、どんな気持ちが湧き起こるでしょうか。もう老年期に入るのか。いよいよ終わりを意識しなければならないのか。寂しいような、避けたいような気持ちになるかもしれません。

身の回りのものを整理し、すっきりと、楽に暮らせる環境を整える。また、残された人に迷惑がかからないように、事務的な手続きや相続のことなど、きちんと書いて伝えておく。最近ではパソコンやスマートフォンを開くパスワード、インターネット上で登録しているサイトやサービスなどのパスワード、銀行引き落としの状況など、本人にしかわからないことを明記しておく。これは思いのほか重要な案件、私もきちんとまとめておこうと思っているところです。

『終活』について考え始めたのには、きっかけがありました。昨年の夏に、ちょっとした「手術」(と言うほどのものではないのですが、一応そのようなカテゴリーに入っていました)を受けることになったとき、もしかしたら…ということが起こり得るかもしれないと思ったのです。

何事にも100パーセントということはありません。例えば0.000001パーセントでも、可能性は可能性です。そしてこの時に、自分の明日は保障されていないのだ、ということを実感しました。明日どころか、1時間後でさえ。

私は来年60歳という大きな節目の年を迎えます。これからの10年、また20年、未知の自分に出会っていくことになります。時間は限られている。靄の中にあったようなずっと先の時間が見えてきたのです。これからの時間をどのような意識で、どのように過ごせばいいのか。これが新刊『エレガントな終活』を書くきっかけになりました。

終焉を迎えるために削ぎ落としていく、閉じていく終活ではなく、新しい扉を開いていく終活。どんなに健康であっても、身体が老いていくことを止めることはできません。もちろん、出来るだけキープすることはできますが、若いままでいられることはない。

まずは、この現実を前向きに受け入れ、これからの人生設計を立てる。必要がなくなってしまったものは手放す。似合わなくなった服は手放し、似合う服、気持ちがアップする服を着る。「楽しいことをする」という前提を作ると、自分にとって何が楽しく、何が楽しくないか、ということが見えてきます。

義務でしていたこと、枠を作っていたこと、体裁を整えてきたこと…それを楽しめないのなら、やめる。自分の本音に正直になると、必要なものと必要でないものがはっきりと見えてきます。これからの時間を楽しむ環境を整えていく。それが、私が提案するエレガントな終活です。

終活という言葉に抵抗がありましたが、こうして自分自身、受けいれて意識してみると、思考がクリアになり、なかなか楽しいものです。これからは自分の本音で生きていく時間。それこそが、自分を生きることになるのです。

※記事中の写真はすべてイメージ

40代 「泣きたい日」の頑張り方: 一生素敵へのカギはここにある!


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top