grape [グレイプ]

感染症の流行でついに封鎖! 警察が前日に『斜め上な呼びかけ』をして反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

世界中で流行している、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。感染者や死者数が増えるにつれ、各国は危機感を募らせています。

そんな中、ニュージーランド政府はコロナウイルスに対する警戒レベルを最大の『レベル4』に引き上げ、2020年3月26日から4週間の封鎖を決行。感染拡大防止のため、人の移動や経済活動を制限する『ロックダウン』の状態に入りました。

ニュージーランド警察は、ロックダウンの前日にTwitterを更新。

人々に次のように呼びかけたことが話題になっています。

歴史上初めて、テレビの前でくつろぎながら、何もしないことで人類を助けることができる。

みんな、しくじることがないように!

@nzpolice ーより引用

家でゴロゴロしていれば、君はヒーローだ!」というメッセージを発信するニュージーランド警察!

ユーモアを持って不要不急の外出を控えるよう呼びかけたこの言葉は、ニュージーランド国内はもちろん、日本でも注目を集めています。

・このセンス、すごい好き。

・人類救済のために、私も頑張るぞ!

・日本にもこんなユーモアが欲しい。

・『人類よ、今こそ立ち上がるな。家にいろ』ってか?

・お手軽なヒーロー。引きこもりが世界を救う。

同月25日には小池百合子知事が記者会見を行い、東京都内でのコロナウイルス感染者数の増加にともない、週末の不要不急の外出自粛を呼びかけました。

状況によっては、外出の自粛期間が延長されるか、日本でも『ロックダウン』が行われる可能性もあるでしょう。

行動が制限され、家に引きこもっていると気持ちが落ち込んでくることもあるはず。そんな時に、「ヒーローになるためだ」と思考を切り替えることで、乗り越えられる人も多いかもしれません。

コロナウイルスが収束するよう、一人ひとりにできることをしていきましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@nzpolice

Share Tweet LINE コメント

page
top