grape [グレイプ]

外出自粛の中で誕生日を迎えた男の子 この日が「一生の思い出」になった理由は

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Jessica Johnstone Eaton

新型コロナウイルス感染症の感染者が増え続けているアメリカでは全国的に外出自粛が呼びかけられています。

感染拡大を防止するためのやむを得ない措置とはいえ、予定していたイベントやパーティーがキャンセルになり、がっかりしている人も多くいます。

2020年3月22日、ジョージア州に住むジャック・イートンくんは11歳の誕生日を迎えました。

彼はこの日を盛大にお祝いするつもりでしたが、外出自粛要請によって誕生日パーティーができなくなってしまいます。

母親のジェシカさんもそんな息子を見て、「この隔離状態でのさびしい誕生日は思い出深いものになるだろうな」と思っていました。

誰にも会えないさびしい誕生日になると思っていたら?

そして誕生日当日。ジャックくんとジェシカさんにとって、とても思い出深い1日となりました。ただし、予想とはまったく違う意味で。

なんと彼らの隣人たちが次々と車に乗ってジャックくんの家にお祝いにやってきたのです!

人々は感染防止のために6フィート(約180㎝)以上離れるというルールをきちんと守りながら、クラクションを鳴らしたり、車の中からハッピーバースデーソングを歌ったりして、ジャックくんの誕生日をにぎやかにお祝いしました。

海外メディア『CNN』によると、ジャックくんは3月2日に最愛の祖父を亡くしたばかりなのだそう。さらにお葬式を終えて家に戻るとすぐに学校が休校になり、友達とも会えなくなってしまったのです。

そして楽しみにしていた自身の誕生日パーティーも開けなくなってしまいました。

それを知ったアマンダ・ワグナーさんという女性が、ジェシカさんの近隣の人たちに呼びかけて、みんなでジャックくんの誕生日のお祝いに駆け付けたのです。

ジェシカさんはこの日の出来事についてFacebookにつづっています。

今日は私たちに誕生日とはプレゼントやケーキ、派手なパーティーをする日ではなく、人生に感謝する機会を与えてくれる日なのだということを思い出させてくれました。

誕生日は過去を思い起こし、現在を祝福し、未来への目標を設定する日。そしてもちろん、このクレイジーな世界で私の愛する人たちがどれほど大切かということを思い出させてくれる日です。

ジャックの誕生日を一生の思い出にしてくれたみなさん、本当にありがとうございました!

Jessica Johnstone Eaton ーより引用(和訳)

世界中でコロナウイルスの感染防止のために外出自粛や禁止の措置がとられている今、あらゆるアイディアを駆使して「安全に」家族や友人との交流を楽しんでいる人たちも多くいます。

こういう時だからこそ創造的に考え、大切な人との絆を深めていけたらいいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Jessica Johnstone EatonCNN

Share Tweet LINE コメント

page
top