grape [グレイプ]

ブルーインパルスの横にいた1機は何? 「知らなかった」「かっこいい!」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年5月29日に東京近郊の上空を飛行したブルーインパルス。

多くの人を感動させ、元気付けてくれました。

芸能人も自宅などからブルーインパルスを見かけた人が多いようで、その様子をTwitterなどに公開しています。

俳優の吉高由里子さんは、ブルーインパルスの飛行映像を改めて見て「感動した」とコメント。

そしてある疑問をTwitterに投稿すると、共感の声が寄せられていました。

吉高さんが抱いた疑問は、スモークを出す6機の横に1機だけスモークを出さずに並行して飛んでいた機体の正体。

たしかに、写真を見ると合計7機飛んでいますが、1機だけスモークを出していません。

投稿には「自分も不思議に思っていました」「撮影用かな?」などの声が多く寄せられていました。

この疑問に、山本朋広防衛副大臣がTwitterで解説。

スモークを出さない1機は『全般統制機』といって、周辺にほかのヘリや飛行機がいないか見張ったり、飛行経路の確認をしたり、主に安全管理の任務をになっているといいます。

また、この機体から空撮も実施しており、今後映像を公開する予定と発表しました。

山本防衛副大臣の解説に、大きな反響が上がっています。

・知らなかった!空撮だけじゃないのか。

・名前がかっこいい!勉強になります。

・スッキリした。映像、楽しみにしていますね。

空の安全を守りながら、見事な飛行を見せてくれたブルーインパルス。

今後公開予定という、空からの映像も楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@ystk_yrk@ty_polepole

Share Tweet LINE コメント

page
top