grape [グレイプ]

喫煙者の店長が思いついた休憩を平等にする秘策に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

イラストレーターのよねはらうさこ(@yoneharausako)さんが、バイトをしていた店の店長とのエピソードを漫画にし、Twitterに投稿したところ反響が上がりました。

店長はよく、たばこを吸いに休憩に出ることが多かったようです。

一服してから店に帰ってきた店長は、よねはらさんにこう告げました。

「タバコを吸っている人だけが1日何回も休憩に行けるのはおかしくないか?」

店長は、タバコを吸いながらふと考えたのでしょう。

タバコを吸わないよねはらさんは、店長の問いかけに「本当、その通りなんですよ」と返答。

労働が平等になるように考えた店長は、「スイーツ休憩を設ける」という秘策を思いついたのでした。

店長の秘策に、よねはらさんは大喜び。

「店長みたいな人が増えたらもっとみんな幸せになると思った」とコメントしました。

・素晴らしい店長さん。でもスイーツ休憩は太る…。

・どちらかが我慢するのではないやり方がとてもいい。

・実際にこれやっています。学生は喜んでいました。

『Win-Win』とはまさに、このようなことをいうのでしょう。

店長のような柔軟な発想が広まってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yoneharausako

Share Tweet LINE コメント

page
top