grape [グレイプ]

「逃げるんだ…」といわれ退職した女性 その5年後…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

勤めていた会社を辞めることは、誰にとっても勇気がいりますよね。

自分の中で悩み抜いた末に出した決断でも、周囲の人から心ない言葉を受けることがあります。

退職は『逃げ』なのか?私なりに出した答えとは

ご紹介するのは、Instagramに実体験を漫画にして投稿している、えりた(erita_enikki)さんのエピソードです。

4年ほど勤めた会社を退職することになったえりたさん。

退職することを客に伝えると、こう返されます。

へぇ…。逃げるんだ。

まるで呪いのような言葉をいわれた時、えりたさんは「築いた関係を切ってしまうのだから、そういわれても仕方がない」と思ったそうです。

それからは『退職は逃げなのか』という疑問を抱えながら仕事をしてきましたが、5年後に疑問に対するある答えを見付けます。

えりたさんは、環境を変えたことで新しい人たちと出会い、前進することができました。

退職をすることは『逃げ』ではなく、自分が幸せになるために人生の『舵を切った』のだと感じるようになります。

漫画を読んだ人からは、このようなコメントが寄せられました。

・『人生の舵を切る』って表現がいいですね。他人になんといわれても、自分の人生は自分で決めるものですよね。

・逃げなきゃいけない時もある。『我慢することがいいこと』という考え方は必ずしも正しいわけじゃない。

・私も同じ経験があります。でも、環境が変わったことで今私は仕事を楽しめています。逃げなんかじゃなく、自力で舵を切ったからこそ今があると思っています!

退職や大きな決断が、逃げであるかどうかを決めるのは、他人ではなく自分なはず。

また、自分の身を守るため逃げることも大切な選択肢の1つです。

その決断が逃げでも逃げでなくとも、えりたさんのように『呪いの言葉』を自力で解き、前進した人は、この先の人生もきっと強く舵を切っていけることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
erita_enikki

Share Tweet LINE コメント

page
top