grape [グレイプ] lifestyle

「必要なものはすべてケースの中に!」見た目もオシャレな『紙のお香』

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ミントタブレットが入っていそうなケース。

フタをスライドしてみると、何やらいい香りが広がります。

「ケースの中身は、一体なに?」

中を見てみると、細長い紙のようなものが入っていました。

どうやら、いい香りはこの紙からしているようです。

もっと詳しく見ていきましょう!

オシャレなケースに入った紙のお香『ペーパーインセンス』

細長い紙の正体は…お香です。

香水の香りを試す時に使われるムエット(試香紙)をモチーフにデザインされました。

こちらのケースの中には、紙のお香『ペーパーインセンス』を楽しむために必要なものが、すべて入っています。

『ペーパーインセンス』を立てるためのホルダーはもちろん、マッチまで!

さらに、ケースのフタを裏返せば、受け皿としても使えます。

香りを楽しんだ後は、ケースに戻して収納すれば、見た目もスッキリしますよ。

日本人の好みに合わせた香り

『ペーパーインセンス』は、スミレとローズの華やかさに包まれた酸味のあるブラックカラント(カシス)の香りです。

香水の産地として名高い南フランスのグラースから届いたフレッシュな香りを、熟練された技術で日本人好みに調香しました。

実際に火をつけて香りを試してみましょう。

ブラックカラントの香りとは…

セットで入っているマッチを使って火をつけます。

ブラックカラントの香りは、軽やかで上品な程よい甘さを感じました。

中性的な香りで、性別を問わず好まれそう。

注目してもらいたいのが、焚き終わった後のです!

スティック状のお香を焚くと灰が粉々になってしまい、片づける時に散らかってしまうこともありますよね。

でも、『ペーパーインセンス』の灰は、まとまっているので散らかりません。

後処理が簡単なのは嬉しいポイントです。

リラックスしたい時や、来客前に焚いてさりげなくおもてなしするなど、さまざまなシーンで使えます。

焚くだけではなく、お財布やポーチに入れておけば、開けるたびに香りがフワッと広がって、いい気分転換になりそうです。

おしゃれなケースに入っているので、プレゼントにもおすすめですよ。

『ペーパーインセンス』を使ってリフレッシュしてみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top