grape [グレイプ] lifestyle

紛失防止には『エアタグ(AirTag)』 使い方や設定方法を解説

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

Apple純正の『エアタグ(AirTag)』は、よく忘れ物や紛失をする人の救世主となる紛失防止タグです。

本記事では、基本的な使い方や特徴だけでなく、初期設定方法や専用アプリ『探す』の使い方、ペアリングの解除方法までを網羅的に紹介しています。

エアタグの基礎知識が詰まっているので、これからエアタグを利用しようと思っている人は必見です。

『エアタグ』の基本的な使い方

エアタグ(AirTag)

『エアタグ』は、2021年4月にApple(アップル)から発売された紛失防止タグです。

Apple製デバイスと連携させて使用することで、遠く離れた場所でもエアタグを付けたアイテムの位置情報を検索し、場所を通知してくれます。

置き忘れや紛失防止に役立つ

※写真はイメージ

エアタグは、主に置き忘れや紛失すると困るような財布やバッグなどの中に入れたり、鍵と一緒に取り付けたりして使います。

外出先での置き忘れはもちろん、自宅内で紛失した際にもエアタグが付いていれば簡単に発見できるので、よく物を置き忘れる人やなくす人は持っていて損はないでしょう。

『エアタグ(AirTag)』の仕組み

※写真はイメージ

エアタグは、本体から発信される信号を近くのデバイスが受け取り、位置情報をiCloudへ送信することで、エアタグの在り処を確認・追跡できる仕組みとなっています。そのため、GPS機能なども搭載されていません。

「位置情報が分かるとなると、通信契約が必要なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、エアタグ自体の通信契約は不要です。

BluetoothやUWB(Ultra Wide Band:超広帯域無線通信)による検索方法が用いられており、エアタグが発信するBluetooth信号を受け取った近くのデバイス(iPhoneやiPad、Macなど)が、位置情報をiCloudに送信することで詳細な場所を通知しています。

プライバシー保護機能も内蔵だから安心

※写真はイメージ

エアタグの位置情報は、近くのiPhoneやiPadなどを通して知らされることになりますが、一連のプロセスはすべて暗号化されています。

完全に匿名で行われているので、『エアタグが誰の物か』『エアタグを探すお手伝いをしたデバイスが誰の物か』といった個人情報が特定される心配はありません。

そのため、エアタグであれば、プライバシーも保護された安全な方法で、紛失した物を見つけることができます。

『エアタグ』における3つの特徴

※写真はイメージ

エアタグの基本的な使い方や仕組みについて見てきました。この章では、もう一歩踏み込み、エアタグの3つの特徴について詳しく紹介します。

広大なネットワークを活用して見つけられる

※写真はイメージ

エアタグは、Bluetooth圏外であっても広大なネットワークが探してくれるというのが大きな特徴です。

エアタグを探すネットワークとは、数億台にもおよぶApple製デバイスのことです。持ち主から離れてしまっても、専用アプリを開けばマップ上でエアタグの位置情報を確認できます。

音を鳴らして見つけられる

※写真はイメージ

エアタグにはスピーカーが内蔵されています。そのため、エアタグと連携したiPhoneがBluetooth圏内にあれば、専用アプリを使ってエアタグから音を鳴らすことで居場所を特定できます。

アラート機能は、エアタグと連携したスマートフォンで操作した時にしか有効にならないので、周囲にエアタグを付けている人がいたとしても誤反応してしまう心配はありません。

iPhoneに「Hey Siri。鍵を探して」と声をかけることで音を鳴らすこともできるので、後は音が鳴るほうを探すだけです。

正確な場所を見つけられる

※写真はイメージ

iPhone 11以降のデバイスであれば、『正確な場所を見つける』機能を使って、ユーザーにエアタグまでの正確な距離や方向を知らせてくれます。

『正確な場所を見つける』機能は、エアタグが近くにある場合に使える機能です。

エアタグに搭載された加速度センサーと高精度な測距・測位を可能にするUWB(Ultra Wide Band:超広帯域無線通信)という周波数帯域を活用することで、距離や方向を正確に特定しています。

自宅内での紛失物を探す時などに重宝しそうですね。

気になる『エアタグ』のスペック

※写真はイメージ

エアタグの魅力が分かったところで、気になるのが製品の使用感でしょう。ここでは、特に気になる、サイズ感やバッテリーの持続性、耐性について紹介します。

使いやすいデザイン性とサイズ感

※写真はイメージ

白を基調としたシンプルなデザインのエアタグは、直径31.9mm、厚さ8mmのコンパクトサイズです。

重量も11gしかありません。500円硬貨が直径26.5mm、重量が7gなので、500円玉よりもひとまわり大きいくらいのサイズ感となっています。

長持ちのバッテリー

※写真はイメージ

どれだけ広大なネットワークを活用したとしても、肝心のエアタグがバッテリー切れでは意味がないですよね。

しかし、エアタグなら毎日使用しても1年以上バッテリーが持続するように設計されているので、バッテリー切れの心配がほとんどありません。

バッテリーも特殊な物ではなく、自分でも交換可能なCR2032コイン型バッテリーを採用しており、電池がなくなれば簡単に交換できます。

Appleが行ったバッテリー駆動時間のテストで、1日に下の2つの機能を毎日使ったとしても、1年以上バッテリーが続くことが確認されています。

・サウンド再生機能(音で探す):4回

・正確な場所を見つける機能:1回

駆動時間は使用状況や環境条件によって変わってきますが、バッテリー切れの心配が少ないのは大きなメリットといえるでしょう。

雨や水濡れもOKの高性能

※写真はイメージ

コンパクトサイズですが、ステンレススチールを採用することで次の3つの性能を備えています。

・防沫性能(あらゆる方向からの水の飛沫に耐えられる性能)

・耐水性能(飛沫や水没による影響を防ぐ性能)

・防塵性能(外部から固形物が侵入するのを防ぐ性能)

砂埃や水濡れといった日常的な生活防水に充分対応できる性能が備わっているため、万が一、雨の日の屋外に落し物をしても壊れにくいのは嬉しいポイントです。

3ステップで完了!『エアタグ』の初期設定方法

※写真はイメージ

エアタグを実際に使うには、自身のiPhoneとのペアリング設定が必要です。

設定と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、エアタグはApple純正のアクセサリーなので、これから紹介する3つのステップの手順通りに進めるだけで設定できます。

ステップ1:事前準備

※写真はイメージ

エアタグの設定には、以下の確認と準備が必要です。

【確認】

・OSのバージョンがiOS 14.5 または iPadOS 14.5かどうか(バージョンが古い場合はOSアップデートをしておく)

・通信環境が安定しているか

【準備】

・Bluetoothを有効にする(設定方法:『設定』>『Bluetooth』オン)

・位置情報と『探す』を有効にしておく(設定方法:『設定』>『プライバシー』>『位置情報サービス』)

スムースに接続できるよう、設定を確認していきましょう。

ステップ2:エアタグを起動

※写真はイメージ

デバイスの設定準備が整ったら、エアタグを起動(通電)させます。エアタグは、一度に1つしか設定できないため、1つずつデバイスに近づけて設定してください。

ステップ3:手持ちのiPhoneとペアリング

※写真はイメージ

エアタグを近づけると設定アニメーションが表示され、リストから『財布』『手荷物』といったエアタグの名称を設定することができます。

『カスタム名』を選択すれば、自分で自由に名前を付けることも可能です。複数のエアタグを使用する場合は、用途に合わせて名称を設定しておきましょう。

最後に『続ける』を押すとエアタグとApple IDが紐づけされ、『完了』をタップすれば初期設定は完了です。

『探す』App(アプリ)経由の初期設定方法と使い方

※写真はイメージ

『探す』アプリからエアタグの登録も可能です。

『探す』アプリからエアタグを追加する方法

※写真はイメージ

『探す』>『持ち物を探す』をタップ>『項目を追加』をタップ

名称変更なども『探す』アプリから行えます。

『探す』アプリの使い方

※写真はイメージ

『探す』>『持ち物を探す』をタップ>探したいエアタグの名称を選択し『探す』をタップ

近くにエアタグがない場合は、画面上にエアタグがある場所を記したマップが表示されます。

Bluetooth圏内にあれば、『サウンドを再生』を押すと、音でエアタグの在り処を教えてくれます。デバイスがエアタグに近づくと、画面にエアタグの距離と方向が表示され、その情報に沿って進めば忘れ物や紛失物にたどり着くことができます。

物を紛失しやすい人は、『検出時に通知』をオンにしておくことで、エアタグの近くをiPhoneを持った誰かが通った時に、位置情報が自分のデバイスに届くようになります。

また、『紛失モード』も『有効にする』を選択しておくと紛失の時に便利です。

エアタグ付きの紛失物を見つけた人がスマートフォン(AndroidでもOK)をかざした時に、自分の電話番号やメールアドレスなどの連絡先を表示してくれます。表示される連絡先は、好きな項目を選んで追加できます。

『エアタグ』のペアリングを解除する方法

※写真はイメージ

エアタグを複数のデバイスで使用する場合に役立つペアリング解除の方法を紹介します。

専用の『探す』アプリを使ってペアリングを解除する方法

※写真はイメージ

『探す』アプリを使った解除方法は、エアタグとペアリングさせるデバイスを変更したい時や、連携されているApple IDを削除したい時に必要になる解除方法です。

【エアタグとペアリングするデバイスを変更】

『探す』>『持ち物を削除』をタップ

1つのApple IDで、iPhoneやiPadといった複数デバイスを使用している場合は、上の方法でデバイスの切り替えができます。

ただし、エアタグは1つのApple IDとしか連携できない仕様になっているため、家族や友人に使っていたエアタグを譲るなど、別のApple IDで使いたい場合は以下の操作が必要です。

【連携されているApple IDを削除】

『探す』>『持ち物を探す』もしくは『デバイスを探す』>削除したいデバイスをタップし、ハンドルを上にスワイプ>『持ち物を削除』もしくは『このデバイスを削除』をタップ>『削除』をタップ

現在ペアリングされているApple IDの削除は、上で紹介した手順が唯一の削除方法です。

エアタグもしくはデバイスがBluetooth範囲外の場合も、『AirTag が見つかりません』もしくは『持ち物が見つかりません』と表示されたのちに『削除』をタップすれば、Apple IDのペアリングを解除できます。

ただし、Bluetooth範囲外で解除した場合は、次に紹介するリセットも行う必要があります。

『エアタグ』のリセット方法

※写真はイメージ

リセット方法は以下の通りです。

・金属カバーを取り外す

・電池の抜き差しを5回繰り返す

・カバーの爪を本体の溝に合わせて時計回りに回す

金属カバーは押し下げながら反時計回りに回転すると外せます。カバーと電池を取り外したら、電池を音が鳴るまで入れましょう。音が鳴ったら通電の合図です。あとは、電池を取り外して付けるという作業を合計5回繰り返すだけです。

5回目の音は、4回目までと違う音が鳴る仕様になっています。違う音が聞こえたらリセット完了です。

『エアタグ』を取り付けるためのアクセサリー

※写真はイメージ

最後に、エアタグを快適に使うためのアクセサリーについて紹介します。

Belkin AirTag用キーリング付きセキュアホルダー

エアタグの洗練されたデザインや本体表面の刻印をそのまま活かせる、最もシンプルかつコンパクトなセキュアホルダーです。鍵や財布などの取り付けに向いています。

■チェックポイント

商品名:Belkin AirTag用キーリング付きセキュアホルダー

カラー:4色(ピンク、ブルーなど)

価格:1580円(税込み)

AirTagループ

耐久性に優れたポリウレタン製のループは、バッグなどの大きな荷物への取り付けにぴったりです。カラー展開も豊富なので、携行品に合わせて選ぶこともできそうですね。

■チェックポイント

商品名:AirTagループ

カラー:5色(ディープネイビー、サンフラワーなど)

価格:3800円(税込み)

AirTagレザーキーリング

エアタグを保護するカバー部分には特殊加工のヨーロピアンレザーが採用されており、高級感あるデザインに仕上がっています。リングも強度のあるステンレススチールが使われているので、外れる心配が少ない造りです。

■チェックポイント

商品名:AirTagレザーキーリング

カラー:8色(ゴールデンブラウン、ミッドナイトなど)

価格:4500円(税込み)

物忘れ・紛失防止の救世主『エアタグ』を使おう

『エアタグ』は、音や専用アプリを通した位置情報で場所を知らせ、置き忘れや紛失を防いでくれるアイテムです。Appleが『見つける天才』と表現するほど、正確に場所を教えてくれます。

設定も簡単で、使いやすさを向上させる専用アクセサリーも豊富です。エアタグを上手に活用して、置き忘れや紛失を防ぎましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Apple

Share Tweet LINE コメント

page
top