grape [グレイプ] lifestyle

ダイソーの加湿器、うさぎやパンダの商品の使い勝手は? 陶器のものもチェックしてみた

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ダイソーでは、さまざまなデザイン、素材の『加湿器』が販売されています。

うさぎの形をしたおしゃれな加湿器や、陶器で作られたパンダ型の加湿器など、動物をモチーフにしたタイプのものが人気です。

そこで、今回はうさぎやパンダの形をした加湿器を、実際に使用してみた感想などをご紹介します。

※この情報は、2022年1月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ダイソーの加湿器は、うさぎやパンダのデザインなどかわいいものが豊富!

ダイソーで販売されている加湿器は、うさぎやパンダなど動物がモチーフになった、かわいらしいデザインのものが豊富です。

ダイソー 加湿器 うさぎ パンダ 陶器
ダイソー 加湿器 うさぎ パンダ 陶器
ダイソー 加湿器 うさぎ パンダ 陶器

加湿器にうさぎの耳が付いているもの、陶器製のパンダや犬、猫など、インテリアとして飾りたくなる見た目をしています。

また、動物モチーフのデザイン以外にも、『コーヒーカップ風』の形をした加湿器や、シンプルなスクエア型の加湿器なども売り場に並んでいました。

ダイソー 加湿器 うさぎ パンダ 陶器
ダイソー 加湿器 うさぎ パンダ 陶器

加湿器を置きたい場所の雰囲気に合わせて、豊富なデザインの中から選べるので、何個も購入したくなりますね。

ダイソーの加湿器 うさぎのデザインのものを使ってみた

ダイソーで販売されている、うさぎの形をした加湿器を実際に使用してみました。

こちらが、うさぎがモチーフになった『ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)』です。価格は税込み550円。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

耳の部分がメタリックゴールドになっていて、高級感があります。

本体部分はホワイト、ピンクの2種類から選べるので、好みのカラーを選びましょう。

箱の中には、加湿器本体と替えのリフィル(給水芯)1本、説明書が入っていました。

給電に必要なmicro USB Type-Bケーブルは別売りなので、加湿器を購入する時は忘れないように注意してください。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)
ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

使い方の手順は、次の通りです。

  1. うさぎのカバーを取り外す
  2. タンクに約200mlの水を入れる
  3. うさぎのカバーをセットする
  4. カバーのmicro USBポートにケーブルとACアダプターを接続する
  5. スイッチを短く1回押す

まず、うさぎのカバーを取り外すと、中はこのようになっています。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

リフィルにカバーが付いていて、軽くひねって手前に引っ張ると外れます。

初めて使用する時は、このリフィルをあらかじめ水で濡らしておくと、スムースにミストが噴出されるとのこと。

タンクに『MAX』と矢印が書かれているので、その下まで水を入れて、リフィルを濡らします。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)
ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

リフィルとタンクそれぞれにカバーを付けて、カチッと音が鳴るように固定したら、micro USBケーブルとACアダプターを接続すると準備は完了です。

スイッチを短く1回押すと、すぐにミストが出てきます。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)
ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

ミストの量は多いです。

常時、シューッと小さく音が鳴り続けていますが、気になるほどの大きさではありません。

連続使用時間は4時間で、タンクの中の水が少なくなると自動停止します。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

空(から)のまま無駄に電気を使用する心配がないので、いつも加湿された場所で快適に過ごせそう。

ちなみに、こちらの加湿器はスイッチを『長押し』すると、ライトとしても使用できます。

ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)
ミニ加湿器(うさぎ、ホワイト)

ベッドの近くに置いておくと、ちょうどいい明るさで癒されますよ。

アロマオイルには対応していないので、誤って入れないようにしてくださいね。

約500円で、加湿器にライト機能まで付いているものが購入できるのは、コスパがよすぎて「さすが、ダイソー!」と筆者は感動しました。

お手頃な価格で、デザインがかわいい加湿器を部屋に置きたいと考えている人は、ダイソーでこちらの加湿器を購入しましょう。

ダイソーの加湿器 パンダのデザインのものを使ってみた

ダイソーで販売されている、パンダの形をした加湿器を実際に使用してみました。

こちらが、パンダ型の加湿器『加湿ポット(パンダ)』です。価格は税込み330円。

加湿ポット(パンダ)

加湿ポット(パンダ)

受け皿とパンダの加湿器がセットで箱に入っていて、どちらも『陶器』で作られています。

『電気を使わずに加湿できる』とてもエコな加湿器で、使い方はパンダの後頭部に開いた穴から水を注ぐだけなので、とても簡単。

加湿ポット(パンダ)
加湿ポット(パンダ)

一度に注ぐ水の量は、約170mlが目安です。

ミストのように、加湿されていることが目で見て分かるタイプではないので、部屋が潤っているかどうかは実感できませんでした。

ただ、水を注いだ後にパンダに触れてみると、中の冷たさがしっかりと手に伝わってきます。じんわりと加湿されている証拠かもしれません。

また、お手入れ方法は、『水を捨てて乾かすだけ』なので楽ちんです。

部屋に置いておくだけでも、インテリアとして存在感があり、窓際、玄関など目に入りやすい場所で使うのが筆者的にはおすすめです。

加湿とオブジェを兼ねて使用できる、パンダの加湿器をぜひ、ダイソーで手に取ってみてくださいね。

ダイソーの加湿器 陶器製のものを使ってみた

ダイソーで販売されている陶器製の加湿器で、かわいい動物モチーフのものは、『手乗り』するほど小さなものもあります。

パンダや犬、猫の各種でミニサイズが登場しています。

今回は、『加湿ポット(ミニハスキー)』を使用してみました。価格は税込み110円です。

加湿ポット(ミニハスキー)

加湿ポット(ミニハスキー)
加湿ポット(ミニハスキー)

だらりと寝そべっている姿が、とてもかわいくて癒されます。

使い方や、加湿される仕組みは、前述でご紹介したパンダ型の加湿器とほぼ同じです。

加湿器の中に入れられる水の量は『約30ml』とのことなので、その1点は注意してください。

加湿ポット(ミニハスキー)
加湿ポット(ミニハスキー)

ほかの加湿器と比較すると、使用する水の量が圧倒的に少なく、加湿の効果も薄いかもしれません。

狭い場所での加湿や、短時間の加湿に使用する場合は、手軽で使いやすいと思います。

デザインはハスキー以外にもいくつかあるので、好きな動物を選んで使いましょう。

まとめ

ダイソーで販売されている、うさぎやパンダの形をした加湿器をご紹介しました。

インテリアとして飾りたくなるデザインのものが多く、どれを購入しようか迷う人もいるかもしれません。

まずは、電気を使ってミストが噴出されるタイプか、水を注ぐだけで自然と加湿されるタイプか選んで、好みのモチーフを手に取ってみてはいかがでしょうか。

コスパがいいダイソーの加湿器で、冬の乾燥を乗り越えてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top