grape [グレイプ] society

「感動した」「本当にお疲れ様でした」 宇宙飛行士、野口聡一さんの言葉が素敵

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2022年5月25日、宇宙飛行士の野口聡一さんが、記者会見を行いました。

野口さんは、同年6月1日をもって、『宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)』を退職します。

野口聡一「後輩に道を譲るべきと考え…」

野口さんは、1996年にJAXAの前身である、『宇宙開発事業団(NASDA)』の選抜試験に合格しました。

2005年に、アメリカのスペースシャトル『ディスカバリー号』で初の宇宙飛行へ、その後、2009年にロシアのソユーズにて国際宇宙ステーション(以下、ISS)に5か月間滞在。

そして、2020年に初の民間宇宙飛行船『クルードラゴン1号機』に搭乗し、再びISSに約5か月間滞在しました。

滞在日数を通算すると335日間も、宇宙に滞在していた野口さん。

退職にあたり、野口さんは「あっという間の26年間だった」と語っています。

みな様からの応援もあり、3回の宇宙飛行を無事に達成して、生還してくることができました。

3回目のミッションを終えた頃からですね。

そろそろ、後進の人たち、つまり、搭乗を待っている新人の宇宙飛行士の人たち、新たに選抜が始まった、これから選抜を受ける宇宙飛行士たちに道を譲りたいと考えるようになりまして、今回の退職の決断になりました。

JAXA | 宇宙航空研究開発機構 ーより引用

また、野口さんは、老子の言葉である『功遂げ身退くは天の道なり』を引用。

「1つのことを成し遂げたら、次の人のために身を引くのが正しいやり方である」と語り、「この言葉が退職のきっかけの1つとなった」と語りました。

今後はJAXAを離れ、民間人として宇宙事業を盛り上げるほか、子供たちや宇宙事業を担う人々の育成に携わる活動などを行っていく予定だそうです。

また、2022年5月現在、57歳の野口さん。

JAXAを退職することについて、「民間の世界で、もう一度もまれてみる体験をするには、非常にいい時期。今の年齢から、新たなワンサイクルを頑張って回していこうかな」と、今後、これからの新しい人生の希望についても語っています。

野口さんの退職について、ネットからはさまざまな声が上がりました。

・本当に素晴らしい功績だと思う。野口さんに国民栄誉賞を贈ってもいいんじゃないかな?

・生きている間に、自他ともに「1つのことを成し遂げた」と認められる人は少ないと思う。本当にすごい。お疲れ様でした!

・野口さんが宇宙飛行士になってから、ISSなどに興味を持ち始めました。メディアに対する発信の方法や、伝え方がすごく上手だったんだろうな。これからの活動も楽しみです!

・自分の立場が確立された上で、後輩のために退くってなかなかできないことです。そして、「これから自分の人生をワンサイクル回す」という言葉、感動しました。同世代として、心から尊敬します。

宇宙飛行士として、素晴らしい功績を遺した、野口さん。

JAXA退職後、野口さんがどのような活動を行っていくのか、目が離せませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
野口聡一宇宙飛行士の記者会見

Share Tweet LINE コメント

page
top