grape [グレイプ] lifestyle

抹茶パウダーの代用品5選! 抹茶や製菓用抹茶との違いも解説

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

抹茶パウダーの写真

※写真はイメージ

「抹茶パウダーの代用品を知りたい」と悩んでいる人も、いるのではないでしょうか。抹茶パウダーは汎用性が高くない材料なので、自宅に置いていない人も多いかもしれません。

しかし、安心してください。抹茶パウダーの代用品は5種類もあるので、自宅内を探せば適したものが見つかるかもしれません。本記事では、抹茶パウダーの代用品を紹介。さらに、代用品を使った抹茶スイーツのレシピも紹介します。

抹茶パウダーの代用品を理解しつつ、おいしいお菓子の作り方が分かる内容になっているので、参考にしてください。

抹茶パウダーとは碾茶(てんちゃ)を粉末にしたもの

抹茶プリンの写真

そもそも抹茶パウダーとは、碾茶(てんちゃ)を機械で粉末にしたものを指します。碾茶とは石臼で挽く前の原葉のことで、茶葉を粉砕機などで細かく砕き粉末状にすると、抹茶パウダーになります。

抹茶パウダーは、抹茶ほどなめらかな粉ではありません。なので、抹茶に比べて口当たりや味の面で劣ります。しかし、機械を利用した手間のかからない製法で作られているので、人件費が抑えられるぶんお値段はリーズナブルです。

またお湯を入れるだけで飲めるので「抹茶を点てられない」「手軽に抹茶を楽しみたい」という人にはおすすめですよ。

抹茶パウダーと抹茶の違いは味

抹茶パウダーは、抹茶に比べ苦味が強い傾向にあります。苦味が強くなるのは、その製法によるもの。抹茶パウダーは、日光下に置かれた碾茶を加熱してから揉み、その後乾燥して作られます。

日光を浴びた碾茶は、苦味成分である『カテキン』を多く生成します。カテキンが多く含まれることで、抹茶パウダーは苦くなるのですね。

一方で抹茶は、日よけして育てられた碾茶を加熱します。その後、揉まずに乾燥させてから石臼で粉末状にして完成です。

日光を遮って育てられた碾茶の場合、カテキンはあまり生成されずに、うま味成分の『テアニン』を守れます。これにより、抹茶パウダーと比べ甘みとうまみがあふれる味わいになります。

抹茶パウダーと抹茶の苦味に差があるのは、原料の茶葉に日光が当たっているかどうかが理由です。

抹茶パウダーと製菓用抹茶の違いは配合成分

抹茶パウダーと製菓用抹茶の違いは、さほどありません。違う部分は、製菓用抹茶には『緑葉素(クロレラ)』が配合されている部分。緑葉素は発色をよくする役割があるので、抹茶パウダーと製菓用抹茶を使ったお菓子では見栄えに大きく差が出てきます。

しかし、抹茶パウダーや製菓用抹茶を使う場合と比べ、抹茶を使った時のほうがより風味や味わいはよくなります。値段の面でも、抹茶パウダーと製菓用抹茶は抹茶と比べてリーズナブルです。お値段や求めているものに合わせて、好みの材料を買ってみましょう。

抹茶パウダーの代用品5選

抹茶の写真

いざ抹茶パウダーを使ってドリンクや料理を作ろうとしたのに、手元にない時はどうすればよいのでしょうか。

実は、抹茶パウダーは家庭にあるもので代用できます。そんな抹茶パウダーの代用品を、5つ紹介しましょう。

緑茶パウダー

緑茶パウダーはその名のとおり、緑茶を粉末状にしたものです。カテキンやカフェイン、ビタミンCなどのさまざまな成分が配合。普通の茶葉で緑茶を入れた場合と比べ、粉末状にしているため、栄養素を効率的に摂取できるでしょう。

緑茶が原料なので風味がお茶寄りになりますが、どちらも同じ煎茶が原料なので、抹茶パウダーの代用品として使えます。甘味が控えめなので、お菓子やケーキ以外にもドリンクやドレッシングなどにもおすすめです。

グリーンティー

抹茶パウダーに砂糖や甘味料などを加えて作られているのが、グリーンティーの粉末です。お茶の風味と甘みがあるので、抹茶パウダーの代用品として使えます。

ただし、抹茶と比べ緑の色味が薄くなるので、見た目の鮮やかさにこだわりたい人は避けるほうがよいでしょう。また、多く入れると甘くなりすぎるので、分量には注意してください。

もしグリーンティーで代用する際には、砂糖の量を減らして調節するようにしましょう。甘めのお菓子を作りたい人には、グリーンティーの粉末がおすすめです。

抹茶ラテ

抹茶に砂糖や粉末の牛乳を入れたのが、抹茶ラテの粉末です。原料に抹茶が含まれているので、抹茶パウダーの代用品として使えます。

ミルク風味で、柔らかな味わいになるのが特徴です。少々薄めの色味にはなりますが、きれいな緑色に発色します。ただし、砂糖や乳成分が含まれているため、料理に使う場合は分量を調節してみましょう。

青汁

ケール・大麦若葉・ほうれん草などの緑葉植物を細かく砕いて絞り、乾燥させてパウダー状にした青汁でも代用できます。

青汁は独特の青臭さや苦味が強いため、代用品を選ぶ際には注意が必要です。代用品として使う際は、桑の葉などが配合されたクセの少ないものを選ぶのがおすすめ。また、中には抹茶風味の青汁もあるので、用途に応じて選びましょう。

青汁は健康食品としても取り扱われています。身体にもよい成分がたくさん配合されているので、野菜不足を補いたい人や、若々しく健康を保ちたい人にもおすすめですよ。

抹茶プロテイン

筋肉・肌・髪の毛の原料である、タンパク質を摂取できる健康食品として有名なプロテイン。近年はフィットネスブームで、さまざまな商品が発売されています。そのプロテインに抹茶を配合したのが、抹茶プロテインです。

抹茶味のものなら、お菓子やドリンクなどにも使えます。中でも牛乳を使うレシピなら、よりおいしいドリンクやお菓子を作れるでしょう。

ただし、プロテインは独特の味やざらつきがあるので、馴染みのない人にはおすすめできません。タンパク質を取りたいという人や、筋トレの効果を上げたいという人は、ぜひ挑戦してみてください。

抹茶パウダーの代用品を使ったレシピ5選

2種類のバームクーヘンの写真

「抹茶パウダーの代用品を活用して、お菓子を作ってみたい」という人も、中にはいるかもしれません。抹茶以外のもので代用可能なら、手軽に抹茶ドリンクやスイーツを作れますよね。

そこで、抹茶パウダーの代用品を使ったレシピを5つ紹介しましょう。

緑茶パウダーを使ったおからクッキー

抹茶より材料費を抑えられ、手軽に作れるおからクッキーはいかがでしょうか。ほんのりバター風味を感じられる、優しい味わいのクッキーができます。

【おからクッキーの材料】

  • 小麦粉:70g
  • おからパウダー:50g
  • 粉末緑茶:大さじ2ぶんの1杯
  • バター:40g
  • 砂糖:40g
  • サラダ油:20g
  • 牛乳もしくは豆乳:大さじ2杯

【おからクッキーの作り方】

  1. 小麦粉とおからパウダー、粉末緑茶を合わせておく。
  2. バターをクリーム状に練って砂糖を入れて混ぜる。
  3. サラダ油を加えてさらに混ぜる。
  4. 牛乳または豆乳を加えて混ぜる。
  5. 小麦粉とおからパウダーを入れて混ぜる。
  6. 生地をラップで挟んで5mm位の厚さに伸ばす。
  7. 型抜きをする。(好きな型でOK)
  8. 170℃のオーブンで13分ほど焼いた後に冷ます。
  9. 完成!

手順6で生地が柔らかい場合は、生地を冷凍庫で15~20分ほど寝かせると、型抜きしやすくなります。抹茶パウダーはお好みで量を調節してください。

グリーンティーを使ったロールケーキ

グリーンティーを使って、お茶とマーマレードを組み合わせたロールケーキです。色合いは淡い緑に仕上がり、お茶の渋みがマーマレードの甘みとよく合います。

【ロールケーキのレシピ】

  • 全卵:3個
  • 砂糖:40g
  • 塩:少々
  • オリーブ油:20g
  • 薄力粉:40g
  • グリーンティー(加糖顆粒):20g
  • 生クリーム:適量
  • グリーンティー(加糖顆粒):適量
  • マーマレード:適量
  • アーモンドダイス(なくても問題ない):20g

【ロールケーキの作り方】

  1. オーブンを予熱しておく。
  2. 全卵、砂糖、塩をボウルに入れて混ぜる。
  3. オリーブ油を入れてよく混ぜる。
  4. 薄力粉とグリーンティー20gを入れてさらに混ぜる。
  5. アーモンドダイスも入れて混ぜる。(なくても問題ない)
  6. 170℃のオーブンで20分ほど焼く。
  7. 生クリームとグリーンティーをホイップする。
  8. マーマレードも合わせて冷やす。
  9. 生地にクリームを巻いて、ラップで包んで冷やす。
  10. 完成!

オーブンの様子をよく見ながら、お好みの焼き加減に調整してください。

抹茶ラテを使ったミルクレープ

使用する材料も少なく、作り方もシンプルなのでお手軽にミルクレープが作れるレシピです。抹茶のほろ苦さと生クリームの甘さがマッチして、フォークが進むこと間違いなしです。

【ミルクレープのレシピ】

■生地

  • 小麦粉:200g
  • 抹茶ラテの粉:25~30g
  • 砂糖:大さじ2ぶんの1杯
  • 卵:2個
  • 牛乳:450㎖

■クリーム

  • 生クリーム:200㎖
  • クリームチーズ:60g
  • 砂糖:50g

【ミルクレープの作り方】

  1. 生地に使う材料を混ぜ合わせる。
  2. 生地に火が通るまで焼いてから冷ます。
  3. 生クリームを泡立てる。
  4. クリームチーズと砂糖を混ぜ合わせる。
  5. 【3】、【4】を混ぜ合わせる。
  6. お皿にラップを敷き、生地→クリーム→生地→クリームの順に重ねる。
  7. ラップを閉じて冷蔵庫に入れる。
  8. 完成!

冷蔵庫で寝かせることで、しっとりとした食感に仕上がります。

青汁を使ったお豆腐ワッフル

本レシピなら、簡単にサクサクもちもちの、お豆腐ワッフルが作れます。お豆腐を材料に使用しているので、材料費やカロリーも抑えられて一石二鳥です。青汁の淡い色合いで、かわいらしい見た目のワッフルができますよ。

【お豆腐ワッフルのレシピ(8枚ぶん)】

  • 絹ごし豆腐:150g
  • ホットケーキミックス:200g
  • 青汁パウダー:5g
  • 砂糖:20g
  • 牛乳(豆乳や水でも可):130㎖
  • 溶かしバター(マーガリンや油でも可):適量

【お豆腐ワッフルの作り方】

  1. ワッフルメーカーを温めておく。
  2. ボウルに豆腐を入れて泡立て器でつぶす。
  3. ホットケーキミックス、青汁、砂糖を入れて混ぜ合わせる。
  4. 牛乳を入れながら混ぜていく。
  5. ワッフルメーカーに溶かしバターを塗って、生地を注いでいく。
  6. 4~5分焼く。
  7. 完成!

豆腐の水分によって生地の固さが変わるので、水分量は様子を見ながら調整しましょう。苦味を抑えられ、誰でも食べれる青汁スイーツなので、子供と一緒に味わうのもおすすめです。

抹茶プロテインを使ったパンケーキ

プロテインをドリンクとして飲み続けていると、正直飽きる時もありますよね。とはいえ筋トレやボディメイクのために、プロテインを摂り続けたい人も多いはず。

プロテインをアレンジしたい時は、パンケーキとして食べてみてはいかがでしょうか。

【抹茶プロテインのパンケーキの材料】

  • ホットケーキミックス:50g
  • ベーキングパウダー:少量
  • 卵:1個
  • 豆乳:30g
  • バニラエッセンス:少々
  • 油類(オリーブオイルなど):適量
  • 黒蜜:適量
  • 抹茶プロテイン:1スクープ

【抹茶プロテインのパンケーキの作り方】

  1. プロテイン、ホットケーキミックス、ベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜる。
  2. 【1】に卵と豆乳を入れて混ぜる(あればバニラエッセンス)。
  3. 温めたフライパンに油(オリーブオイル)を敷く。
  4. 生地を流し込む。
  5. 表面がポツポツとしてきたら、ひっくり返して裏面も焼く。
  6. 完成!

トレーニングのお供に、ぜひ試してみてください。

抹茶パウダーの代用品でもお菓子は作れる

抹茶ラテの写真

抹茶パウダーは、青汁や抹茶ラテなどで代用できます。また、意外に思うかもしれませんが、抹茶味のプロテインでも代わりに使えますよ。

代用品ごとに特徴が異なるので、用途に応じて選んでみましょう。代用品を使ってお菓子を作る際は、本記事で紹介した抹茶レシピを参考にしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Post LINE はてな コメント

page
top