grape [グレイプ]

日本でも人気は出るか!?欧米で話題の「きゅうりメロン」が栽培も簡単で見た目もかわいい♪

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:マルシェ青空

欧米で徐々に人気が出てきている、「きゅうりメロン」というフルーツをご存知でしょうか。

見た目はまるでスイカのようですが、大きさはとても小さくブドウほど。気になる味は、キュウリとライムをあわせたような、すっきりとした風味ということで、「メロン」どこいった!?とツッコミたくなる気持ちを禁じ得ません。

また、「きゅうりメロン」という名前から、キュウリとメロンを掛け合わせてできた最近のフルーツなのかと思いきや、もともとは中南米で細々と栽培されていた農作物なのだそう。

栽培方法も簡単!

露地栽培はもちろんのこと、プランターでも栽培可能なため、自宅のベランダなどでも栽培ができます!

栽培方法も比較的簡単で、花が咲いてから80日後という短期間で実をつけます。また、うまくいけばトマトのように1ヶ月連続で収穫することもできるそうです。

なお、種蒔きの時期は、ソメイヨシノが咲く頃から8月ととても長く、0度から35度の暑さまで耐えることができます。北海道から沖縄まで、温度管理をしっかりしておけば、全国で栽培が可能ですね!

おすすめの食べ方は…

欧米では、サラダの食材として人気が出ている、きゅうりメロン。おすすめの食べ方は、ピクルス!早速作り方をご紹介します。

材料
きゅうりメロン 250g
★ホワイトワインビネガ- 375ml
★塩 小さじ1
★コリアンダーの種小さじ1
★砂糖 大さじ1
★フレッシュディル 大さじ1
★フレッシュミント 大さじ1
★ブドウの葉 1枚

250gのきゅうりメロンを、★を合わせた液体にひたし、冷蔵庫で2週間保管するだけで完成!味が染み込んでいない場合には、更に2週間ほどお待ち下さい。

日本ではまだまだ珍しいきゅうりメロンの種は、20粒700円から「マルシェ青空」で購入可能。

育て方も簡単で、見た目もかわいい、おもしろフルーツ「きゅうりメロン」今後、日本でも人気が出てきそうですね!

出典
マルシェ青空

Share Tweet LINE コメント

page
top