grape [グレイプ]

【情報求む】硫黄島付近で見つかった日章旗を、遺族に返したい!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@konamih

第二次世界大戦中、兵士が出征する際に家族や親しい人たちは、日章旗に寄せ書きをしていました。戦利品として他国に渡った寄せ書きは、近年遺族への返還運動が多数行われています。

そういった経緯で持ち主不明になった日章旗を返還すべく、とあるTwitterユーザーが持ち主の遺族を探しています。

硫黄島付近の島で見つかった日章旗を、遺族に返還したい!

京都女子大学の名誉教授である小波秀雄さん(@konamih)が情報提供を願い出ているのは、硫黄島付近の島で見つかった1枚の日章旗。

日章旗の所有者は「ご遺族の元に返したい」と話しており、小波さんは返還を助けるためネット上に画像を公開しています。

23062_01

出典:@konamih

23062_06

出典:@konamih

23062_02

出典:@konamih

元の持ち主は『飯島貞男』さんだと言われています。

当時海兵隊軍曹だった男性が持ち帰り、そのお孫さん(写真に映っている男性)がおじいさんの遺志を受けて返還活動を始めたそうです。

寄せ書きをしている人たちの名前

『力』の次に名前が書いてあるのは、その人が出征する人を応援している、という意味なのだとか。

23062_04

出典:@konamih

23062_05

出典:@konamih

23062_03

出典:@konamih

現在Twitterで集まっている情報は、以下のもの。

  • 署名に飯島姓が2人いるため、親類縁者?
  • 硫黄島付近の島なら、日本軍がいた父島?
  • 関東、中でも茨城に多い苗字がとても多い。茨城の人か?

中には『飯島貞男さんへの寄せ書き』ではなく、『飯島貞男さんからの寄せ書き』なのでは?という意見もありました。

心当たりがある方は、小波秀雄さん(@konamih)までご連絡願います。そして、この日章旗が一刻も早くご遺族の元に戻るよう願います。

出典
@konamih

Share Tweet LINE コメント

page
top