grape [グレイプ]

「愛と哀を同じ読みにした日本人」 日本語の素晴らしさを感じる言葉【13選】

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

着物や和食など、独自の文化を育んできた日本。

世界に誇れる日本文化を支えてきたのは何かと考えた時、言葉の多様さがあげられるのではないでしょうか。

例えば、『雨』を表すのに、『小雨(こさめ)』『五月雨(さみだれ)』『時雨(しぐれ)』など、様々な呼び方があります。

この表現の豊かさこそが、日本人の細やかな感性を育んできたのです。

そんな日本語の素晴らしさを再確認できる言葉をご紹介します。情景を想像しながら読んでみてください。

花の終わりはそれぞれ違う

木漏れ日とは…

た…たしかに!

最期の「をん」

言い方を変えるだけで、こんなにも違う

擬音もたくさん。それが日本語

呼び方だけで人となりを表す

出典
@bibibisuko@nikkeiartreview@y0k0t0m0@n2jss4153g1@harasaraha@mw_copy@overcome1212@451f_@yorukawa_@migitomo@sekkun@676Toshiki@setsunai_photo

Share Tweet LINE コメント

page
top