grape [グレイプ]

「大切な日にこの子たちがいないと」特別学級の先生、結婚式に生徒全員を招待

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Instagram

まるで、女神と天使が地上に遊びに来たかのよう…。とても美しい結婚式が挙げられました。

花嫁の名はキンゼーさん。彼女は、ダウン症などの障がいを持つ子どもたちが勉強をする、特別学級の担任の先生です。

彼女の結婚式には、彼女のクラスの生徒たち全員が招待されました。

6人の生徒が、リングボーイ・フラワーガールとして選ばれて、美しい式での務めを果たします。

生徒たちは、食べることとダンスすることが大好き! 結婚パーティーはとても華やかで賑やか、楽しいものになりました。

男の子たちは花婿版ブーケトスである、ガータートスにも参加したそうですよ。花婿が投げる、花嫁のガーターベルトを見事ゲットして、次に結婚するのは誰だったのでしょうか?

婚約のときも、生徒たちと一緒に

キンゼーさんは、結婚式の前、婚約の際にも生徒たちを招きました。

彼女はこんなふうに語っています。

「この子たちはみんな、私の家族みたいなもの。私は、彼らなしでは特別な日を迎えることなんてできません。」

深い愛で生徒たちに接する先生。その気持ちが通じているから、子どもたちも素直な表情を見せてくれているのですね。

これから先、子どもたちはどんどん成長していき、子どもたち自身も、環境も変わります。色んなことがあって、それが嬉しいことでも悲しいことでも、先生と生徒たちは強い絆で結ばれ続けているのでしょう。

ハンディキャップをもった子どもたちにとって、キンゼー先生の生徒になれたことは、きっと大きくプラスの影響になったはずです。

出典
glamour.comlangthomas

Share Tweet LINE コメント

page
top