grape [グレイプ]

帰宅したら玄関のドアに穴が、これなんだ? 目的を知ってゾッとした

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「恐怖…」

そうつぶやいたのは、Twitterユーザーのまつやん(@mt_yng)さん。

仕事を終えて帰宅したところ、玄関のドアにドリルで開けたような謎の穴が開いていたのです…

まつやんさんは警察には被害届を出し、穴は養生テープでふさいで管理会社へ連絡。後日穴を埋めてもらうことになりました。

それにしても、この穴はいったい…

被害届を出したまつやんさんが警察から聞いた話。そう、この穴は空き巣によって開けられたものだったのです。

「サムターン回し」という典型的な手口。開けた穴から金属の棒を差し込み、内側のつまみ(サムターン)を回して解錠してしまう、というもの。

幸い、まつやんさんの玄関ドアの鍵は「サムターン回し」に対策されたものだったので、穴を開けられた以上の被害はなかったとのことです。

とはいえ、「オートロック付きのアパートなのに油断できません」と恐怖心を口にされていました。

手口を公にしたら逆に危険?

まつやんさんの投稿に対し、「こんな被害に遭ったと、空き巣の手口を公表したらマネされてしまうのでは?」と心配する声もありました。

ですが「サムターン回し」は良く知られている手法で、そのぶん対策方法も数多くあります。

防犯性に優れた鍵に付け替えるのが一番ですが、時間もコストもかかります。てっとり早い対策として、ホームセンターなどで売られている「サムターン回し」防止のカバーを付けるのも手です。

まつやんさんは、被害が増えないように「注意喚起をお願いします」とおっしゃっていました。


[文/grape編集部]

出典
@mt_yng

Share Tweet LINE コメント

page
top