grape [グレイプ]

硬貨のふりした『ボタン』ジャラジャラ タダで使える公衆電話があったって本当?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

今や街中で見かけることがほとんどなくなった公衆電話

10代の若者からは「使い方が分からない」という声がちらほら聞こえてきますが、携帯電話のなかった時代はとても需要度の高いものでした。

公衆電話とは、10円玉などの『硬貨』や、公衆電話専用のプリペイドカードである『テレホンカード』を投入すると通話ができるのが一般的です。ところが、昭和初期に、今では考えられない驚きの公衆電話があったんです。

えっ、タダで通話可能? ガラクタでごまかす人続出

 

戦後普及していた、紙幣でかける公衆電話は、料金が自己申告制でした。

紙幣以外のものを投入しても通話ができたため、無料通話が可能だったそうです。

「お金を払わなくても電話ができる…」そんな状況に、ついついボタン使用済み切符でごまかす人が続出!

実際に料金を払った人は300人に13~14人しかいなかったというから、やはり人間は正直というか、誘惑に弱いものです。

こんなにジャラジャラとガラクタが出てきたら、集金係の人も悔しい限りだったのではと思います。

周知の事実とはいえ、ごまかしはごまかし。「みんながやっているから」こそ、一度は自分の胸に「これでいいのかな」と問いかける姿勢を持ちたいものです。

事態を受け、1953年に電電公社(現・NTT)は10円玉でかける硬貨式の公衆電話を導入し、ごまかしをシャットアウトしました。

災害時にも使用できるなど、公衆電話にはまだまだ見直されるべき魅力がいっぱい。

便利なものがあふれている現代こそ、昔からの文化を大切にしていきたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
きょうの蔵出しNHK

Share Tweet LINE コメント

page
top