grape [グレイプ]

警視庁「水でも作れますよ」災害時でもラーメンが食べられる方法、第3弾!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

災害時などに使える知識をTwitterで配信している、警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai)。

お湯を用意できない災害時でも、ラーメンが食べられる方法を紹介し話題になりました。

今回は『水で作る麺』第3弾を発表!食器がなくても食べられる方法を紹介しています。

袋のラーメンをそのまま!

用意するのは、袋に入っているインスタントラーメン。

袋を開けて、直接水を流し込み、約15分待てばでき上がりです。

この時、麺を半分に割ると、少ない水の量で全体を浸すことができました。濃い味が好きな人や、水が十分に確保できない時にいいかもしれません。

麺がほぐれるまで、待つこと15分…早速食べてみると、まだ麺が固い…。

もう5分ほど待ってみると、多少柔らかくなりました。

本来の温かいラーメンとは違った味わいですが、災害時にラーメンが食べられたら、それだけで嬉しくなりそうです。

カップ麺よりもかさばることなく保存しておける、袋入りインスタントラーメン。食器を洗う水も節約することができるので、災害時に重宝しそうです。

普段使うことはありませんが、いざという時のために、こんな方法も覚えておいてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@MPD_bousai

Share Tweet LINE コメント

page
top