こんな『言い方』は嫌われる 洗い残しがあった場合、あなたはどう伝える?

夫婦に関するさまざまな漫画を描いている、さわぐち けいすけ(@tricolorebicol1)さん。

新たに公開されたのは『ものの伝えかた』をテーマにした漫画。夫婦間だけでなく、人間関係全般においても当てはまる内容です。

洗い残しがあった場合…

さわぐちさん宅では、基本的に家事は各自で行っているといいます。ある日、さわぐちさんの洗い残しを発見した妻は、こう伝えてきました。

相手に伝えたいことは同じなのに、『伝えかた』によっては相手に不快感を与えてしまうと語る、さわぐちさん。

喧嘩になりやすい伝えかたの例をあげ、なぜ嫌われるかについて3つ理由をあげています。

・「主張」なのに、質問形式で相手に伝える。

・質問形式の場合、どう答えても相手の怒りを買うため、返答に戸惑う。

・うっかりしていただけなのに、プライドを傷付けられる。

どんな関係性であれ、相手と喧嘩したいと思う人はいないはず。しかし、『伝えかた』が原因で喧嘩になる場合もあるのですから、気を付けなければいけません。

さわぐちさんの指摘に対して、多くの人が共感の声を上げています。

・確かにその通りだと思います。自分も気を付けます。

・しなくていい喧嘩は、お互いが少し気を使うことで避けたいものですね。

・こんな伝えかたをされたら、こっちも喧嘩腰になっちゃうもの。そして、なくなるやる気…。

何か主張があって相手に伝える機会は、夫婦間だけでなくどんな関係性においてもあります。

職場や学校、恋人や仲のいい友達に置き換えて考えれば、ものの伝えかたがいかに大切かが分かります。

相手がどう受け取るか考えて、伝えかたにも気を配る…難しそうなことではありますが、人間関係を円滑にするためにも、心に留めておきたいことですね。

ちなみに、漫画の最後には笑える『おまけ』もついていました。ある意味、こっちのほうが理想的な伝えかたかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@tricolorebicol1

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop