仲秋の名月を眺めながら アナウンサー押阪忍の『美しいことば』

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独り言』にお付き合いください。

秋も深まって参りましたね。
食欲の秋を意識して熟年シニア層は「天高く馬肥ゆる秋」と称したものですが、この表現は今はもう消えつつありますね…。「昭和も遠くなりにけり…」です。

ところで秋は、三秋に分けられます。初秋、仲秋、晩秋です。あなたはどの秋がお好みですか?ボクは暑からず寒からずの仲秋の秋です。仲秋というとすぐに『仲秋の名月』とつながってきます。

※ 編集部注:『中秋』は旧暦の8月15日。『仲秋』は旧暦の8月全体を指します。

名月を とってくれろと 泣く子かな   一茶

 

という句がありますが、月に寄せる俳句は万とあります。

ボクの好きな句に、

名月や 畳の上に 松の影   其角

があります。

畳の生活を忘れた若い世代が多くなったとは思いますが、素足での畳の感触、障子やふすまを開け閉めした畳時代を体験した熟年層以上の人達には、懐かしさを覚える句でしょうね。

ところで、9月3日、秋篠宮様のご長女の眞子さまの婚約会見の折、眞子さまは、お相手の小室圭さんの印象を「太陽のような明るい笑顔の方」と話されました。一方、小室圭さんは、眞子さまのことを「月のように静かに見守ってくださる存在」と表現しました。

月は太陽の光で輝く、唯一無二の存在の太陽と月。

この秋は、仲秋の名月を眺めながら、相思相愛 お二人の幾久しいお幸せを静かに祈りたいと思っております。

名月や 池をめぐりて 夜もすがら   芭蕉

<2017年10月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。1965年には民放テレビ初のフリーアナウンサーとなる。以降テレビやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典なども行う。2017年現在、アナウンサー生活59年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop