「コレどういうこと!?」家族に1時間も問い詰められた『宅配便』がコチラ

ある日、@k_2106さんの家に宅配便が届きました。

しかし、届いた荷物を見て、家族は「これ、どういうこと!?」とビックリ!その結果、小一時間も家族から問い詰められてしまったそうです。

その理由とは、一体何なのでしょうか。では、宅配便の伝票に書かれた文字をご覧ください。

『中遮光器土偶』(ちゅうしゃこうきどぐう)…?

!!?

先日、埼玉県行田市(ぎょうだし)にふるさと納税を行った投稿者さん。行田市には、全国でも有数の規模を誇る国史跡『埼玉古墳群』があり、多くの巨大古墳が残されています。

なんと、この土偶は、行田市の返礼品なのです!

【ふるさと納税】

お好みの自治体に寄付をする取り組み。
寄付金が所得税や住民税の控除の対象となるほか、寄付した自治体から返礼品をもらうこともできる。

投稿者さんの元に届いたのは、1万円コースの返礼品である『中遮光器土偶』。創業40年の埴輪専門店が誇る、熟練の窯元が制作した一品です。

ちなみに、『中遮光器土偶』返礼品のウェブサイトには、こういった熱い解説文が掲載されています。

出土品は片足がございませんが鑑賞に満足できるように両足を復元しております。

焼き上げる前、粘土質の時に丁寧に表面を磨いており晩期大洞式特有の光沢のある黒が印象深い作品に仕上げています。

まさに現代人の魂の故郷がここにあります。是非!縄文時代のロマンに触れてみてください。

埴輪職人が1万年も続いた世界でも類の見ない精神文化の豊か縄文人の芸術を見事に表現!

ふるさとチョイス ーより引用

ほかにも行田市には、『馬埴輪』(馬のハニワ)や『踊る男埴輪』『踊る女埴輪』などの返礼品があります。また、行田市はTVドラマ『陸王』のロケ地であるため、番組とのコラボレーショングッズを選ぶこともできます。

なんと、120万円コースには高さ1mの『巨大遮光器土偶』も…!「インテリアに欲しい」「とにかくハニワや土偶が好き」という人は、ぜひチェックしてくださいね。

…ただし、投稿者さんのように家族に見つかって「これはどういうこと!?」と問い詰められる可能性もあるので、受け取り方法はご一考ください!


[文・構成/grape編集部]

出典
@k_2106ふるさとチョイス

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

新着記事

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop