grape [グレイプ] lifestyle

『すしざんまい』が7年目にして敗れる 初競りで最高額を出したのは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年1月5日に、築地市場で今年最初の取引となる『初競り』が行われました。

『初競り』で毎年話題になるのが、マグロの値段。2018年の最高額はいくらだったのでしょうか。

1キロ当たり9万円

サンケイスポーツによると、最高額で取引されたのは、405キロもある青森県大間産のクロマグロで、3645万円(1キロ当たり9万円)で競り落とされました。

落札した仲卸『やま幸』の山口幸隆社長は、このようなコメントを残しています。

「思ったより安かった」と話し、築地市場について「ここで一人前にしてもらった。感謝している」と感慨深げだった。

サンケイスポーツ ーより引用

落札したマグロは東京・銀座や海外の和食店を運営する会社に提供されるそうです。

また、2012年から6年連続で最高額のマグロを競り落としてきた、寿司チェーン店の『すしざんまい』は、惜しくも7連覇を逃す結果に。

『すしざんまい』は、190キロの大間産クロマグロを3040万円で落札。1キロ当たり16万円という、単価で考えると1番の高級品でした。

マグロの初競りの値段に、多くの驚きの声が上がっていました。

・PR費やご祝儀が含まれているとはいえ、値段がすごい。

・マグロの初競りは、ついつい見てしまう。

・最高額で落札したのが、すしざんまいではないとは…。

80年以上の歴史を刻んできた築地市場での『初競り』は今年で最後。2019年はいくらで落札されるのか、すしざんまいは返り咲くことができるのか、と気になりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top