grape [グレイプ]

夫に『水やり』を指示して亡くなった妻 4年後迎えた結末に、笑いと涙あふれる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@Flaminhaystack

ロンドンで消防隊員として働く、アントニア・ニコルさん。

アントニアさんがTwitterアカウントに投稿した実話に、13万件を超える「いいね!」が集まっています。

亡き母親が最期に遺した冗談

がんによる5年間の闘病生活を経て、生涯を終えた、アントニアさんの母親。

母親は、生前、アントニアさんの父親に対し、次のようなお願いをしていました。

「浴室にある植物に、毎日忘れず、ちゃんと水をあげてね」

アントニアさんの父親は、妻のお願いに従い、毎日かかさず水やりをしていたのだそうです。

母親が亡くなってからの4年間、植物は元気いっぱいに育ち、枯れることはありませんでした。

新しい家に引っ越すことになり、その植物も一緒に連れていこうとした父親は、衝撃的な事実に気付きます。

なんと、その植物は、プラスチック製の作り物だったのです!!

植物の置き場所が浴室だったため、鉢の周りが水浸しになっていることに違和感を覚えないまま、父親は水やりを続けていたのでしょう。

事実を知ったアントニアさんは「懐かしい母の笑い声が聞こえてきそう」と語ります。

ユーモアたっぷりな母親の振る舞いは、多くの人の心に響きました。

・お母さんのユーモア、素敵。

・お父さんが落ち込まないよう、植物の水やりという日課を与えたのかもしれませんね。

・クスッとしてしまいました。素敵な話をシェアしてくれてありがとう。

愛する家族に向けられた、最期の冗談。一生枯れない植物を見るたびに、アントニアさん家族は、母の笑顔を思い出すことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Flaminhaystack

Share Tweet LINE コメント

page
top