grape [グレイプ]

ティッシュを食べてしまう人へ企業がピシャリ 「正論すぎて何もいえない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

花粉のシーズンになると、一般的なティッシュペーパー(以下、ティッシュ)よりも、しっとりと柔らかい保湿ティッシュを使う人が多くなります。

そんな中、保湿ティッシュを舐めると「甘い」という情報が一部報道で取り上げられ、『ネピア鼻セレブティッシュ』を販売する王子ネピア株式会社が注意喚起を掲載しました。

舐めると甘いのはなぜ?

『よくあるご質問』のページには、「鼻セレブティシュは舐めると甘いのですが、なぜでしょうか?」といった質問が寄せられ、このような回答が掲載されています。

「鼻セレブティシュ」には保湿成分としてソルビットが含まれています。ソルビットは果実や海草類などに含まれている天然の甘味成分です。

ソルビットは植物からとることもできますが、現在では合成の技術が発達して、じゃが芋やとうもろこしのでん粉を加水分解したブドウ糖を原料に量産されるようになりました。

純粋なものは白色、無臭の粉末で、甘味、吸湿性があり、水に容易に溶けることから、食品の甘味料、保湿剤、柔軟剤などに幅広く利用されています。

ただしティシュペーパーは食品ではありませんので、積極的に口に入れたり、食べたりしないで下さい。

nepia よくあるご質問 ーより引用

ティッシュは食品ではありません。

口に入れたり、食べたりしないでください。

いくら保湿ティッシュが甘いからといって、ティッシュはもともと食品ではありません。舐めるためや食べるために甘く作られている訳ではないのです。

至極まっとうな意見に、ネット上ではこのようなコメントが上がっていました。

・正論すぎて、力強さを感じる。

・大人に向かって「ティッシュを食べないでください」っていわなきゃダメなんだ…。

・保湿ティッシュ食べないでって…食べ始めたの誰ですか?

しかし、中には「鼻かんだ時に口に入ったけど、確かに甘かった」「知り合いで食べている人がいる」という声も上がっていました。

いくら甘味があっても、ティッシュが食品でないことは誰もが知っていること。注意をされなくても、分別ある大人としてティッシュは食べないようしてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
王子ネピア株式会社

Share Tweet LINE コメント

page
top