grape [グレイプ]

日本の竹100%でできたノート 夕方5時からユルく開いている文具店から発売

By - inspi  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

 話題の文具店としてinspiでも紹介した「ぷんぷく堂」より、日本の竹100%で抄造された紙を使ったノートが発売される。

竹紙100のロゴ入りのドット方眼罫
ぷんぷく堂の竹紙100ノート<ホワイト>

 このノートは 日本の竹100%を原料とした紙「竹紙100」をマスプロ製品として生産販売している、唯一の総合製紙メーカー、中越パルプ工業株式会社の協力で実現した。

 表紙はぷんぷく堂の店舗や、店主の櫻井さん、そして京成電鉄の線路と電車が描かれた、ほのぼのとした柔らかいタッチのイラストで、ノートの中紙の隅には竹の子のロゴがかわいく挿絵されている。これらのデザインは、ノートを使うたびに「ニコッ」と笑顔がこぼれるようにと、そんな気持ちを込めて仕上げたという。

ぷんぷく堂の竹紙100ノート<ナチュラル>の中紙
ぷんぷく堂の竹紙100ノート<ナチュラル>

 ぷんぷく堂の店舗、アマゾンぷんぷく堂ショップで4月24日より販売を開始する。

<ぷんぷく堂の竹紙100ノート>

サイズ・罫:A5・ドット方眼
枚数:40枚
色:ホワイト、ナチュラルの2種
<価格:400円(税別)

<ぷんぷく堂>

(住所)千葉県市川市八幡5-6-29(電話)047-333-7669
営業時間:月・火・木・金・土 (17:00~22:00)
第1日曜・祝日 (12:00~19:00)

logo_inspi

inspi (インスピ)

『inspi』は​、​学び・働き・暮らしにひらめきや新しい発見を与える文具・家具・雑貨のニュース情報サイト。文具好きによる人気コラムも連載中です。
http://inspi-news.com/

出典
日本の竹100%でできたノート、夕方5時からユルく開いている文具店から発売

Share Tweet LINE コメント

page
top