grape [グレイプ]

遊んでいるように見える、波打ち際の少年 しかし、実はとても危険な状況です

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

夏を迎えると一気に活気づく海辺。楽しい時間を満喫する人で賑わいます。

その一方で、夏になると毎年のように、海水浴客が海でおぼれ、命を失うという悲しいニュースを耳にします。

「沖に出なければ大丈夫」

「浅瀬で遊ぶから問題ない」

「そもそも、無茶な真似はしない」

事故にあわないためにも、こうした心がけは必要です。しかし、海の『危険』は意外なところに潜んでいるものなのです…。

「浅瀬だから大丈夫」は通じない

波打ち際で遊んでいた1人の男の子。そんな彼を見て、父親らしき男性は「戻っておいで」と手招きをします。

しかし、なかなか男の子は戻ってこようとしません。遊び足りないから戻ってこないのかと思いきや、周囲の大人たちが男の子の異変に気付きます。

『戻り流れ』と呼ばれる、砂浜の上で強く速く海へ戻る水の流れに巻き込まれ、なかなか前に進めない男の子。

もしもあのまま周囲の大人たちが気付かなかったとしたら…男の子は、沖まで流され溺れていたことでしょう。

この『戻り流れ』による事故は、2015年5月に新潟県でも起きており、その際には5人もの尊い命が失われました。

一見、遊んでいるようにしか見えないのが『戻り流れ』の怖いところ。また、流されている本人ですら、危険な状態におちいっていることに、すぐには気付けません。

強い波の日に発生しやすいといわれている『戻り流れ』。「まさかこんな波打ち際で」とは思わず、どんな場所にでも危険が潜んでいる意識を持つ必要があります。


[文・構成/grape編集部]

出典
Bysterdaners save boy from drowning

Share Tweet LINE コメント

page
top