grape [グレイプ]

突然、訪問してきた警察官 「本物か?」と疑っていると、驚きの発言が…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

「警察官が、突然訪問してきた」

玄関のドアを開けて、警察官を名乗る人が待っていたら「何ごとか」と焦ってしまいそうですよね。

林めぐみ(@megumeimusic)さんも、その1人。また、本物の警察官なのかを、疑ったともいいます。

すると、警察官たちは自分たちが疑われていることに気付いたのでしょう。その後の彼らの発言に、林さんは驚いてしまったといいます。

「住んでる人、全員の名前を」と求めらた

地域巡回の一環で、林さん宅を訪問したという警察官たち。林さんは、彼らに「現在、この家に住んでいる人たち、全員の名前を教えてください」と求められたといいます。

本物の警察官なのか疑っていた林さんは答えるのを渋り、逆にいろいろと質問を投げかけます。

すると、警察官からは「そうやって疑ったほうがいいですよ」との返答が。さらに、警察官たちは続けます。

警察官の制服着て手帳見せてくる偽者もいれば、逆に本物の私服警官もいます。

少しでもおかしいと思ったら、その場で最寄りの警察署に電話してください。

名乗った警察官の所属と、話している用件が正しいかを確認してください!いま、かけてもいいです!

本物警察官であることが判明

警察官にうながされて、最寄りの警察署に電話で問合せたという林さん。その結果、家を訪問してきた警察官たちは本物であることが分かりました。

また、警察官は『警察官を名乗る人物が、突然訪問してきた場合の対策』についても、林さんに教えてくれたといいます。

・最寄りの警察署、交番の電話番号を知っておく。

・警察官を名乗る訪問者が少しでも怪しければ、答えたり扉を開けたりする前に、相手の名前・所属・用件を、自分で調べた警察署の番号に電話確認。
※相手のいう番号ではなく、自分で調べた警察署の番号であること。

・警察官の制服、手帳は偽物の可能性もある。逆に、本物の警察官で私服警官である可能性も頭に入れておく。

最後に、詐欺が多いことにも触れ「自分の家族や、ご近所さんとも声をかけあって守ってあげてほしい」と伝えてきたという警察官。

親切な対応に、その時の出来事を振り返り、林さんは「疑っても怒らずにいろいろ教えてくれてありがとう!私たちの安全をいつも守ってくれてありがとう!頑張れー!!」とつづっています。

中には「疑うのは相手に悪い」「事件が起こったわけでもないし」と、確認の電話がかけられない人もいることでしょう。

しかし、たとえ相手が本物か偽物かが分からなくても、「怪しい」と感じた時点で『緊急』と判断し、すぐに110番するべきです。

「まさか自分の家には…」と思わずに、日ごろから意識して対策しておく必要があります。


[文・構成/grape編集部]

出典
@megumeimusic

Share Tweet LINE コメント

page
top