grape [グレイプ]

ラブレターを書く女の子に、キツイ言葉を放つ男の子 衝撃のオチに「泣いた」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

意中の相手への想いをつづるラブレター。恋心を伝える1つの方法として、古くから親しまれています。

ある女の子が、好きな男の子に対してラブレターを書く創作漫画が「切ない」と反響を呼んでいます。

『ラブレターを書く女の子』

漫画を描いたのは、キシリモ(@MS_sousaku1)さんです。

女の子が『羽村』という名前の男の子にラブレターを書いていると…。

男の子の正体は、女の子が好きな『羽村くん』でした。羽村くんはすでに亡くなっていて、幽霊の姿となって女の子のそばにいたのです。

羽村くんが亡くなったことを知りながら、気持ちの行き場のない女の子はラブレターを書き続けているのでしょう。

予想外な結末に、涙を誘われる人が相次いでいます。

【寄せられたコメント】

・夜中に読んで、泣いてしまった。

・オチが分かった上でもう一度読み直すと、切なさが2倍になる。

・大好きな人に手紙を渡せて、読んでもらえるだけでも幸せなことなんだなぁ…。

女の子の恋心がいつか思い出になる日まで、羽村くんは彼女をそっと見守り続けるのかもしれません。

お互いを想い合う2人の関係に、切なくも胸がしめつけられますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@MS_sousaku1

Share Tweet LINE

page
top