grape [グレイプ]

新手の『AirDrop痴漢』に遭った女性 交番に向かい、警察に報告すると…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

合意もなく他者に性的な加害をする、許しがたい痴漢行為。スマホの普及に伴い、通称『AirDrop痴漢』の被害も増加しているといいます。

『AirDrop痴漢』とは、iPhoneやiPadなどに搭載されているファイル共有機能『AirDrop(エアドロップ)』を使うことによって、見ず知らずの人に不適切な画像を送りつける新手の加害行為です。

AirDropで他者から共有された画像は、受信側が共有許可をせずともこのように表示されます。

※iPhoneホーム画面 スクリーンショット

イラストレーターのよねはらうさこ(@yoneharausako)さんも、『AirDrop痴漢』の被害に遭った1人。

ある日、電車に乗っていたよねはらさんは、AirDropで男性器が写った画像を送り付けられたといいます。

『AirDrop痴漢』で被害を受け、警察に話すと…

「このまま放置すると、ほかの人も嫌な思いをするかもしれない」「大人として、子どもを守らなければ」という思いで交番に向かい、警察に話をしたよねはらさん。

8人の警察官たちは、よねはらさんの話を真剣に聞き、今後は捜査をしていくと伝えました。

後日、よねはらさんが被害に遭った時間帯に、列車監視員が乗車していたとのこと。その姿を見たよねはらさんは、警察の真摯な対応に感謝したといいます。

悪質な『AirDrop痴漢』から身を守るには

両者の距離が近く、お互いの機器でWi-FiとBluetoothがオンになっていないとAirDropで画像は共有されません。

見知らぬ人から画像を受け取らないためには、AirDropを受信しないように設定するのが一番安全な対処法でしょう。

【AirDropを、見知らぬ人から送り付けられないようにする方法】

1.スマホの設定画面から『一般』→『AirDrop』を選ぶ。

2.『受信しない』を選択(『連絡先のみ』でもOK)。

本来であれば加害行為をなくすのが理想ですが、それが難しい以上、被害を受けないように自衛をしなくてはなりません。

ですが、被害に遭った人に落ち度があるわけでもありません。『加害者の責任』と『被害者の自衛』は、まったく別の話です。

性被害を訴えるのは勇気を要すること。しかし、一人ひとりが声を上げていくことで「悪を許さない、見過ごさない社会」につながるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yoneharausako

Share Tweet LINE

page
top