grape [グレイプ]

吉田鋼太郎『おっさんずラブ』で可愛いと人気炸裂 愛犬にメロメロ!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉田鋼太郎

俳優として活躍している吉田鋼太郎(よしだこうたろう)さん。

豊かな演技力と渋い容姿で男女問わず多くの人から支持されています。

そんな吉田鋼太郎さんの経歴、小栗旬さんとの交友や愛犬についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

吉田鋼太郎『おっさんずラブ』で「可愛い」と人気炸裂!

2016年12月28~30日にかけて、テレビ朝日で『年の瀬 変愛ドラマ』と題し、3作のドラマが放映されました。最終日に放送されたドラマが『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)です。

タイトルの通り、田中圭さん演じるさえない主人公が、『おっさん』つまり同じ男性から告白され困惑する…というストーリー。単発ドラマでしたが反響が多く、2018年に連続ドラマ化されました。

吉田鋼太郎さんが演じるのは、主人公に片思いする上司です。コワモテながら中身は少女のようで、料理をしたり恋をしたりする様子が「可愛い!」と大評判。

主人公が同性の上司と部下からいい寄られるという意外性もあって、高い人気を誇り、放映終了後に『見逃し配信』の再生回数がテレビ朝日初の100万回を達成。2019年に映画化が決定しました。

はるたんの妄想インスタがやばい

『はるたん』とは、主人公・春田創一(はるたそういち)のことを吉田鋼太郎さん演じる上司・黒澤武蔵(くろさわむさし)が呼ぶ愛称のこと。

物語のきっかけとして、吉田鋼太郎さん演じる黒沢武蔵が主人公を映した大量の隠し撮りを、本人に見つかってしまうというエピソードがあります。

このエピソードから、ドラマ公式ではインスタグラムに『武蔵の部屋【公式】』というアカウントを作り、『黒澤武蔵が、隠し撮りした写真を投稿する』という形のファンサービスを行いました。

ファンの間では『妄想』といわれつつも愛される、インスタグラムの投稿をご紹介します。

伊勢海老と部下

※投稿の写真右側にある矢印をクリックすると2枚目の写真も見ることができます。

愛情弁当

吉田鋼太郎は『おっさんずラブ』の出演オファーを断っていた

『おっさんずラブ』は吉田鋼太郎さんの代表作とも呼べる作品となりました。

ですが、2019年6月30日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した際、一旦は出演のオファーを断っていたことが明かされます。

吉田鋼太郎さんは番組内で、男性に恋をする上司という役どころについて「やったことない役だったし、大変な役来ちゃったなっていうのが第一印象だった」と、困惑したことを語りました。

(オファーをもらった時は)ちょっと嫌だったよ。

この仕事、別に俺やらなくてもいいやって…いまだからいうけど。

最初断ったような気がする。

ボクらの時代 ーより引用

ですが、その後、思いを改めたのだそうです。

でも、ちょっと待てよって思って。最近、俺ぬるくないかって思い始めたわけよ。

「ちょっと自分が嫌だったら辞めちゃうのか、おい吉田」って自分で思って。

「むしろそういう役のほうを喜んでやってたんじゃねえのか」って思い返してみて、「ああやっぱりやろう」って思ってやった。

ボクらの時代 ーより引用

経験豊富な吉田鋼太郎さんがためらっただけに、黒沢武蔵役は視聴者が思っている以上に難しい役どころだったのでしょう。

吉田鋼太郎さんが実際に演じてみると、初めのうちは主演の田中圭さんへのボディタッチはなかなか恥ずかしかったそうです。

しかしだんだんとそれにも慣れ、楽しみながら演じることができたそう。結果として、黒沢武蔵は吉田鋼太郎さんの『はまり役』となりました。

吉田鋼太郎『半沢直樹』『MOZU』ほか 映画・舞台・CMで活躍

吉田鋼太郎さんは東京都に生まれますが、小学校6年まで大阪府で育ちます。当時は体が弱く、肺炎を幾度か繰り返し、命の危険もあったそう。心配した母親が合気道を習わせるようになってからは、健康になったといいます。

日野市立日野第三中学校を卒業し、全寮制のカトリック学校である聖パウロ学園高等学校に進学。ここで出会った先生に「夏休みだから」ともらった舞台のチケットが吉田鋼太郎さんの運命を変えます。

チケットで初めて見たシェイクスピア『十二夜』の舞台に魅了された吉田鋼太郎さんは、俳優になることを決意。上智大学に進み、シェイクスピア研究会で演劇に打ち込みます。あまりに熱中しすぎて単位不足から大学を中退し、本格的に俳優へ進みました。

劇団四季やシェイクスピアシアターを経て、1997年に劇団『AUN』を結成。40歳の時、世界的な演出家・蜷川幸雄さんに出会いました。

蜷川幸雄さんの舞台『グリークス』に出演し、その後は『ヘンリー4世』や『ジュリアス・シーザー』といった舞台を経て、シェイクスピア俳優としての地位を確立します。

吉田鋼太郎さんが出演したドラマ作品としては、2013年に放映されたドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)や2014年の『MOZU』(TBSテレビ系)、同年の朝の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)などがあります。

『花子とアン』では、嘉納伝助を演じて一気に知名度を上げました。道を歩くと声をかけられたり握手を求められたりするようになったといいます。

私生活では2016年に一般女性と結婚。事実婚を入れて4回目となります。同年では大河ドラマ『真田丸』(NHK)に織田信長役で出演。

映画『OVER DRIVE』や『ラブ×ドック』にも登場しており、個性あるキャラクターと高い演技力で存在感ある俳優として知られるようになっています。

リリー・フランキーさんや声優の大塚明夫さんと、「似てる」というファンの声もあります。吉田鋼太郎さんが座長を務める劇団『AUN』に所属する大塚明夫さんとは、32年のつきあいになるといいます。

好感度の高さから、吉田鋼太郎さんはCMにも出演。アサヒ飲料『クリアアサヒ』のCMなどに起用されています。

吉田鋼太郎は小栗旬と仲よし!

吉田鋼太郎さんがブレイクしたきっかけとして、2010年の映画『シュアリー・サムデイ』があります。小栗旬さんが監督したこの作品に起用されたことで、吉田鋼太郎さんは広く知られるようになったといいます。

小栗旬さんと吉田鋼太郎さんは非常に仲よしで、いたずらをしかけられることもあるそう。

過去に小栗旬さんが吉田鋼太郎さんにやったいたずらは、「入浴前の吉田鋼太郎さんを呼び出して部屋から閉め出し廊下に置き去りにする」「地方公演中、関係者がホテルで使った飲食代を全て吉田鋼太郎さんのツケにする」など。

特にホテルのツケはさすがの吉田鋼太郎さんも怒ったため、小栗旬さんと同行していた藤原竜也さんとで支払ったといいます。

それでも吉田鋼太郎さんは「スリルがあって楽しく、刺激を受ける」と意に介していないよう。

左から吉田鋼太郎、武田真治、小栗旬 2014年

左から吉田鋼太郎、武田真治、小栗旬 2014年

吉田鋼太郎さんと小栗旬さんの出会いは、シェイクスピア劇『お気に召すまま』で共演したことでした。小栗旬さんは非常に稽古熱心で、吉田鋼太郎さんにいろいろ教えを乞い、自宅にまで来て練習し食事をして帰るというほどだったそう。

俳優として名高い吉田鋼太郎さんと小栗旬さん。演技に対する高い熱意があってこそ、お互い仲がよいのかもしれません。

吉田鋼太郎が付き合いたかった女性は吉田羊!?

吉田鋼太郎さんが、女優の吉田羊さんを口説いたという話で盛り上がったことがあります。

2016年に結婚している吉田鋼太郎さんですが、その前に好みだったのは吉田羊さんだったそう。吉田羊さんからの『脈あり』のエピソードを、2018年4月30日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)で熱弁していました。

『脈ありエピソード』としては、吉田鋼太郎さんがタバコを吸おうと遠慮して席を離そうとしたら吉田羊さんから「好きな人の煙なら大丈夫よ」といわれたり、「一緒に京都行こう」と誘われたり、などです。

※写真はイメージ

果たして、脈はあったのかなかったか…は、翌週、2018年5月7日に放映された同番組に出演した吉田羊さん本人から明かされました。

「仮に、鋼太郎さんが、実は羊ちゃん好きなんだ、付き合ってくれみたいなことをおっしゃってたら、返事どうなってました?」とMCのお笑い芸人・上田晋也さんから尋ねられた吉田羊さん。

(吉田鋼太郎さんから付き合ってくれ)っていわれたら、「すいません」っていいます。

しゃべくり007 ーより引用

番組内では、「吉田鋼太郎さんに対しては人間的な好き」、と吉田羊さんは話していました。

吉田鋼太郎は愛犬にメロメロ!

吉田鋼太郎さんは妻と結婚してから飼い始めた犬を溺愛していると語っています。愛犬の名前はアルマちゃん。女の子で、種類はポーチュギーズ・ウォーター・ドッグというそうです。

ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグは、バラク・オバマ大統領が買っていたことでも名高い犬種。中型犬で、水が大好きなことでも知られています。

アルマちゃんは『おっさんずラブ』の公式ツイッターにも登場しました。

2018年5月16日に放送されたラジオ番組『ENEOSプレゼンツ あさナビ』(ニッポン放送)に出演した吉田鋼太郎さんは、愛犬アルマちゃんについて次のように語っていました。

『わんわん幼稚園』に週2回通わせています。いろいろ覚えてくるのですが、可愛いですよ。

抱いて一緒に寝ているし、チューもしているし。メスなので、子供は生ませようと思っています。

また、吉田鋼太郎さんの近年の変化は愛犬が影響しているといい、舞台が終わったら「一緒に海に行く」と嬉しそうな様子。

番組ナビゲーターの黒木瞳さんに、犬の散歩について聞かれると吉田鋼太郎さんは「楽しいです!」とコメントしました。アルマちゃんの存在は、最高の癒やしであるようです。

吉田鋼太郎の現在・これから

吉田鋼太郎さんは2019年1月から放映されたドラマ『グッドワイフ』(TBSテレビ系)に出演しています。

同年2月からは舞台『ヘンリー5世』に出演。演出でも参加し、シェイクスピア俳優としてのキャリアが生かされた舞台として期待されます。

吉田鋼太郎演出・出演 舞台『ヘンリー5世』プロモーション

6月21日公開の映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』で、吉田鋼太郎さんはゲーム好きの父親、岩本暁役を演じています。息子役は坂口健太郎さんです。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』本予告

『おっさんずラブ』が劇場版に

©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

8月23日には、『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が公開されます。

吉田鋼太郎さんは、黒澤武蔵役としてTVドラマから続投。期待が高まる、特報映像も公開されました。

劇場版『おっさんずラブ』ストーリー

「おれと結婚してください!」永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一(田中圭)。久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよういい放つ。その側にはなんと、本社に異動した牧凌太(林遣都)の姿も。そして、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。激しく動揺する春田と、そんな春田を元気づけるジャスティス。さらに、あの日終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付いて…。
―――神様、あの日誓った永遠の愛とは一体、何だったのでしょうか…?
ハッピーエンドを迎えたはずの彼らにこの夏、最大のピンチが訪れる。
前代未聞のおっさんたちのラブ・バトルロワイアル(五角関係)。その幕が、ついに切って落とされた―。

また、9月には舞台『アジアの女』に一ノ瀬役で登場します。また、2020年にはシェイクスピア劇『ヘンリー8世』に演出として参加するとともに、出演も決定。

さらに、俳優の藤原竜也さん主演映画『カイジ ファイナルゲーム』のキャストにも、吉田鋼太郎さんが名を連ねています。こちらも2020年公開予定です。

私生活も充実し、様々な役を務める高い演技力だけでなく演出にも関わっていく吉田鋼太郎さん。年齢とキャリアを重ね、演劇界に欠かせない人材であるといえるでしょう。吉田鋼太郎さんのこれからの活躍に、注目です。

吉田鋼太郎 プロフィール

生年月日:1959年1月14日

出身地:東京都

血液型:B型

身長:174㎝

所属事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

1959年生まれ。中学・高校時代はフォークソングに熱中していたが、高校時代に舞台を見たことから俳優を志す。上智大学文学部ドイツ文学科中退。劇団四季・シェイクスピアシアターなどを経たのち、劇作家・蜷川幸雄の舞台に出たことでシェイクスピア俳優としての地位を固める。小栗旬の映画に出演したのちTV出演も増え、朝の連続テレビ小説『花子とアン』で一躍人気俳優として知られるようになる。


[文・構成/grape編集部]

出典
ホリプロ・ブッキング・エージェンシーmusashis_roommozuofficialしゃべくり007彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾『ヘンリー五世』プロモーション映像『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』特報【8.23 ROADSHOW】ボクらの時代【公式】『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』6.21(金)公開/本予告

Share Tweet LINE コメント

page
top