grape [グレイプ]

3.11の経験者が語る「1番怖いこと」 津波や大きな揺れよりも?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

死者3千人超という甚大な被害をもたらした『東日本大震災』から、2019年3月11日で、ちょうど8年。

いまだ厳しい生活を強いられている人もいる中、あの日の記憶が風化している現状に、危機感を覚える人は少なくありません。

ふるえるとり(@torikaworks)さんも、その1人。

8年前の3月11日に起きた出来事や、いまの思いを漫画にして、Twitterに投稿しています。

『東日本大震災と津波とわたし』

震災後、投稿者さんは気丈に振る舞っていたといいます。幸い大きなケガもなかったため、投稿者さん自身、元気だと思っていました。

しかし、水が押し寄せてくる夢を見たり、夜の海といった暗い水面に恐怖を覚えたり、投稿者さんの心は確実に震災の影響を受けていたのです。

そして、当時を振り返り、もっとも恐怖を感じるのは「記憶が風化していっていること」だと語る投稿者さん。だからこそ、こう呼びかけてもいます。

「つど、思い返すことを大切に、対策していきたい」

東日本大震災を機に、安全対策を見直す家庭や企業が増えました。そうした備えは、とても大切なことであり、自分自身の命を守ることにつながります。

そして、それと同じくらい大切なのは「震災の記憶を忘れないこと」かもしれません。

東日本大震災での出来事を、次の世代にも語り継いでいくこと…それも、私たちがすべき対策の1つなのでしょう。

投稿者さんの呼びかけを聞き、より一層そう思えます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@torikaworks

Share Tweet LINE コメント

page
top