grape [グレイプ]

忘れ物を減らすチョイ技に「もっと早く知りたかった!」 大人にも効果がありそう

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「子どもの忘れ物が多くて、困る…」

幼い子どもの親によくある、忘れ物に関する悩み。

学校の宿題や提出するプリント、授業で使う持ち物など、必要な物を子どもがつい忘れてしまうというのはよくある話です。

※写真はイメージ

「何度いい聞かせても、子どもの忘れ物が減らない」と頭を抱える全国の親御さんに、耳寄りな情報をお知らせします。

『子どもの忘れ物』を減らす、素敵なアイディア!

子どもの忘れ物を減らすアイディアをTwitterに投稿したのは、4児の母親である@sanshimaijitanさん。

小学3年生になる長女のランドセルには、1年生のころから『ある物』が付いているといいます。

ランドセルのカブセ(フタ)の部分を開くと、そこには…。

カラビナで留められたパスケースには、「書道セットの申し込み封筒出してね!」と書かれた紙が入っています。

こうすることで、ランドセルを開け閉めした時に『忘れてはいけないこと』が子どもの頭に入るのです!

ちなみに、このアイディアは以前ネットで知った方法とのこと。役立っているため、こうしてツイートをすることにしたそうです。

投稿に対し、多くの親御さんから「知ることができてよかった!」「もっと早く知りたかった」という声が相次ぎました。

中には、さっそく子どものランドセルにパスケースを付けた人もいるようです。

性格や特性は人それぞれ。どれだけ注意をしても、忘れ物を減らすことが難しい人もいることでしょう。

そんな時は、この方法を活用してみてはいかがでしょうか。子どもに限らず、忘れっぽい大人にも効果がありそうです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@sanshimaijitan

Share Tweet LINE コメント

page
top