grape [グレイプ]

「ねぇ僕のために…」 音漏れを注意したイギリス男性の言葉に「京都人のようだ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

イヤホンなどで音声を聴く際、周囲にもその音が漏れてしまう、いわゆる『音漏れ』。電車内で迷惑に思われる行為の1つです。

そんな音漏れを、ユーモアたっぷりに注意したイギリス紳士のエピソードに注目が集まっています。

これがイギリス紳士か!

イギリスの首都・ロンドンに在住している日本人のNoir(@Lovelylndeed)さんは、通勤電車で音漏れをしている女性を見かけました。

もしかしたら、周りの人も迷惑に思いつつも、「ケンカになってしまったら嫌だな」と考え、注意ができなかったのかもしれません。

しかし、見かねたイギリス人の紳士がその女性にある言葉をかけると、すぐに音量を下げたといいます。

どのような言葉を投げかけたかというと…。

「ねぇ、僕のためにDJしてくれない?」

ただ単に「音量が大きいから下げて」とお願いするのではなく、暗に音漏れしていることを指摘したイギリス人紳士。

ユーモアと皮肉を込めた注意の仕方に、このようなコメントが寄せられていました。

・いわれたほうも反省しやすいし、場も和みそう。

・これはちょっと京都人っぽい注意の仕方ですね。

・こじゃれた感じでいい!日本だと怒りながら注意する人が多そうだから。

・何だろう、すごく京都っぽい感じがする。

・日本でもこういうジョークが通じるようになってほしい。

迷惑行為に対しては、思わずイラっとしながら注意してしまう人が多いことでしょう。

そのような時に、余裕のある注意のしかたができたら素敵ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Lovelylndeed

Share Tweet LINE コメント

page
top