grape [グレイプ]

地元で有名な『手を振るおばあちゃん』 最後のお別れで、起こった奇跡

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@CBSNews

カナダ・コモックスに住む、88歳のティニー・デヴィッドソンさんの日課は、毎朝近所の学校に登校する生徒たちに、手を振ること。

2007年に夫婦で引っ越して来てから始めたこの習慣は、夫が亡くなってからも続けられていました。

いつしか生徒たちの間で、ティニーさんは『Waving great-granny(手を振るおばあちゃん)』と呼ばれるようになり、ちょっとした有名人に。

※写真はイメージ

2016年のバレンタインデーには「70人以上の生徒たちがバレンタインカードを届けるために自宅を訪れた」と、アメリカのニュースメディア・CHECK Newsが報じています。

お別れの時 

地域の子どもたちを温かく見守り続けてきたティニーさんでしたが、高齢者介護施設に入所することが決まり、家を引っ越すことになりました。

すると、またまたティニーさんを驚かせる出来事が起こったのです。

なんと、地元の学校に通う数百名もの生徒たちがティニーさんにお別れの挨拶をするために、自宅を訪問!

生徒たちは「大好き」「ありがとう」など書かれたプラカードや花束を手に、ティニーさんの自宅前の庭に集まり、全員で感謝の想いを込めて『投げキス』を贈りました。

このサプライズに、ティニーさんは「本当にびっくりしたわ。こんなにたくさんの生徒たちがお別れをいいに来てくれるなんて」と目をうるませながら語ったといいます。

@CBSNewsがこの心温まる出来事をTwitterで投稿。「なんて素晴らしい話」「感動した」などたくさんのコメントが寄せられました。

「毎朝、生徒に手を振って挨拶をする」という小さな行いの積み重ねから生まれた、奇跡。

この日のことは、多くの生徒たちにとっても、忘れられない素敵な思い出になったことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@CBSNewsCHECK News

Share Tweet LINE コメント

page
top