grape [グレイプ]

会見中に記者の電話が鳴ってしまった! するとニュージーランド代表がまさかの行動に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年9月から開催されている『ラグビーワールドカップ2019日本大会』。

9月30日、ニュージーランド代表『オールブラックス』の、アンガス・タアヴァオ選手が記者会見をしていると、あるハプニングが起きました。

誰もが「あ、まずい!」と思った瞬間…

記者会見中、突如鳴り響くスマートフォンの着信音。

会見の音声を録音しようと、選手の目の前に置いておいた記者のスマートフォンに電話がかかってしまったのです!

会場に着信音が鳴り響き、記者の質問に答えていたアンガス選手も止まってしまいます。しかし、アンガス選手がまさかの行動に…。

え、出ちゃうの!?

なんと、アンガス選手は記者の電話に出てしまったのです!アンガス選手は、電話相手に対してこのように答えました。

「もしもし、元気?いま記者会見中なんだ。30分後にかけ直してくれるかい?(会見中だけど)気にしないで!」

また、ニュージーランド代表の公式Twitterでもアンガス選手の行動に触れていました。

記者会見中に誰かから電話がかかってきたら、あなたはどうしますか?もちろん出ます!

@AllBlacks ーより引用(和訳)

この会見を見た人たちからは称賛の声が寄せられていました。

・ユーモアのある行動、いいね。

・余裕のある振る舞いはさすがですね!

・彼は最高だね!電話相手も驚いただろう。

まさかのハプニングにも丁寧に対応したアンガス選手。

ラグビーのプレーだけでなく、ユーモアも一流であることを証明してくれました!


[文・構成/grape編集部]

出典
@AllBlacksAngus Ta'avao funny moment

Share Tweet LINE コメント

page
top