grape [グレイプ]

やる気が出ない時はどうするのがベスト? やる気が出ない時の対処法28選

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

人の身体は不思議なもので、何気ないことでやる気が出なくなってしまう場合があります。

どうしてもやる気が出ない時にはどうすればいいのでしょうか。ここではやる気が出ない場合の対処法や、やる気が出ない原因、ストレスの解消法などを紹介します。

やる気が出ないシチェーション31選

どうしてもやる気が出ない、という場合は多々あります。

仕事や勉強、ダイエットなど、やらないといけないと頭では分かっているのに、どうしてもできないという状況は多くの人が経験していることでしょう。

無理にでもやり始めればやる気が出てくる場合もあるのですが、やる気が出ない時にはそもそも、そのはじめの一歩がなかなか踏み出せないものです。

ここではやる気が出ないシチュエーション31選を紹介します。

やる気が出ないシチュエーション1:眠い時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、眠い時です。睡眠不足はやる気が出ないことの大きな原因になります。

人は寝る時間が足りていないと、思考の質やスピードが低下するだけでなく、体内のリズムも狂ってしまうといわれています。

そのため、本人はやる気を出そうと頑張っていても、出す気力がなくなっていきます。また、眠い時に何かをしても、ミスばかりしてしまい、結果的にイライラすることも多いです。

眠い場合には軽い昼寝をするなど、先に原因を解消することをおすすめします。

やる気が出ないシチュエーション2:お腹が空いた時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、お腹が空いた時です。

空腹だと、そちらのほうが気になってしまい、ほかのことをする気が起きませんよね。

やる気が出ないシチュエーション3:お腹がいっぱいの時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、お腹がいっぱいの時です。

空腹でもやる気が低下しますが、満腹になっても思考の質が下がるため、やる気が出なくなる場合があります。なぜなら、満腹は動物でいえば獲物を捕まえて食べた後という状態だからです。

動物にとっては満腹になったら休むことが正しいので、人間であってもお腹がいっぱいになると集中力や、やる気が低下してしまいます。

たとえ食後にやる気を出そうとしても、食べた後は血が胃のほうへ行ってしまっているため、ぼーっとしてしまうでしょう。

やる気が出ないシチュエーション4:朝

やる気が出ないシチュエーションの1つは、朝です。朝はなかなか起きられないという方も多いでしょう。

また、昨日の疲れが残っていて体がだるかったり、仕事のことを考えて気持ちが落ち込んでいたりして心理的にやる気が出ない、頭が働かないといった場合も多いです。

特に月曜日は『ブルーマンデー』といわれるだけあり、やる気が低下してしまいがちです。ただ、朝が原因でやる気が起きない場合は、徐々に慣らしていくことで身体も活動的になるため、昼以降は普通にやる気が出てくることも多いでしょう。

やる気が出ないシチュエーション5:遊んだ後

やる気が出ないシチュエーションの1つは、遊んだ後です。

親しい友人などと楽しく遊んだ後は、その余韻に浸ってしまうため、なかなか頭が回らなくなります。そのため、遊んだ後ですぐにやる気を出すのは難しいでしょう。

必ずやらなければいけないことがある場合はできるだけ計画的にこなし、後から遊びの予定を入れるようにしましょう。

やる気が出ないシチュエーション6:飽きた時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、飽きた時です。

仕事や趣味などに一度飽きてしまうと、モチベーションが低下してしまい、なかなか持ち直すことはできません。

特に仕事に対して飽きてしまうと、やる気が出ないだけでなく、仕事が進まない状態になります。また、たとえ一時的に気分転換をしても、結局仕事は毎日続くものです。

そのため、慢性的なストレスにつながってしまい、「仕事だけでなく何にも興味がわかない」といったメンタル面でも影響が生じる可能性があります。

やる気が出ないシチュエーション7:うまくいかない時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、うまくいかない時です。

仕事でも趣味でも同じですが、頑張ってもうまくいかなかった時には暗い、苦しい気持ちになり、やる気も出なくなるものです。

また、せっかく頑張ったのに結果につながらなかったという気持ちが落胆を生み、モチベーションを下げます。

さらに仕事の場合は、うまくいかなかったせいで上司に叱責されるなど、ほかのストレスも抱えてしまう場合があります。

やる気が出ないシチュエーション8:トラウマがある時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、トラウマがある時です。

例えば仕事で過去に大きなミスをし、上司や同僚などに迷惑をかけてしまった場合、それがトラウマになってしまうことがあります。

また、一度そういったトラウマができてしまうと、「また同じミスを繰り返さないか」と仕事中にストレスを感じてしまい、仕事にも集中できなくなり、やる気が低下していってしまう場合があります。

やる気が出ないシチュエーション9:ネガティブな時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、ネガティブな時です。気分が落ち込んでいてネガティブになっている時は、どうやってもやる気は出ません。

ネガティブになる原因はさまざまですが、生理前や気圧の低下など自分自身に原因がない場合は、なかなか行動で解消させることも難しいため、ゆっくり休んだり眠ったりすることで少しでもネガティブから抜け出せるようにしましょう。

やる気が出ないシチュエーション10:怒られた時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、怒られた時です。親や教師、上司など、誰かに怒られると気分が落ち込んでしまい、やる気が出なくなってしまうものです。

怒られた原因が自分にあるならしっかりと反省し、今後に生かすことが必要です。また、やる気を出すためには、反省した後は気持ちを切り替えることも大切だといえるでしょう。

やる気が出ないシチュエーション11:仕事量が多すぎる時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、仕事量が多すぎる時です。

やらなければいけないことがたくさんあって忙しかったり、忙しすぎてすべてのことができない状態になったりしている場合、心の中に複数の要素があるため、やる気は出なくなります。

つまり、「やりたい」という気持ちはあってもできる状態ではないため、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態だといえるでしょう。

そういう時は、「早くやらないと」と思っていても、何となく面倒だと感じてやる気が出なくなってしまいます。

やる気が出ないシチュエーション12:具合が悪い時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、具合が悪い時です。

体が疲れている時や、風邪などを引いて体調不良になっている時には、ブドウ糖は体力回復を優先して使われるといわれています。

その結果、体内のブドウ糖の量が減ってしまうため、脳までブドウ糖が行きわたらなくなり、やる気がダウンします。

やる気が出ないシチュエーション13:脳にブドウ糖が足りない時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、脳にブドウ糖が足りない時です。

人間の身体に必要な栄養の1つにブドウ糖があり、これは砂糖や炭水化物などを分解したものです。ブドウ糖が身体に十分あればやる気が出ますが、逆に少なくなればやる気が出なくなってしまいます。

例えば身体が疲れた時などは、全身のブドウ糖が減ってしまうため、脳までブドウ糖が行きわたらなくなり、やる気が出なくなる場合があります。

やる気が出ないシチュエーション14:欲求不満の時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、欲求不満な時です。

人の身体は、普段とは異なるスケジュールを送るだけでもやる気が低下しがちです。そのため、空腹や痛みなどの身体的な欲求不満があるとやる気が出なくなります。

例えば頭が痛い状態では、集中して仕事をすることはできません。また、体に合わない椅子を使っていると気になってしまい、勉強もはかどらないでしょう。

そのため、体の欲求不満が原因でやる気が出ない場合は、先に解消しておくことも大切です。

やる気が出ないシチュエーション15:人間関係に問題がある時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、人間関係に問題がある時です。

仕事に限らず、友人や恋人、家族など、人はさまざまな人間関係の中で生活しています。それらの人間関係に問題があれば、大きなストレスとなってしまうのです。

特に社会人になるとさまざまな年齢や性別、ポジション、性格の人と関わり合いを持つことになります。

中にはどうしても好きになれない人もいるでしょうが、仕事だと付き合わないわけにもいかないため、次第にストレスが溜まり、やる気が出なくなる場合があります。

やる気が出ないシチュエーション16:ほかにもやらなければいけないことがある時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、ほかにもやらなければいけないことがある時です。

これも仕事の量が多い時と同じような精神状態ですが、やらなければいけないことが複数ある場合、今やっていることを続けていると別のやらなければいけないことができなくなります。

しかし別のことをやると、今やっていることができなくなります。つまり、あちらを立てればこちらが立たずの状態になっていると、心の葛藤が発生してしまい、やる気が出なくなるということです。

やる気が出ないシチュエーション17:自分のことではない仕事を任された時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、自分のことではない仕事を任された時です。

自分の担当ではない仕事を任された時、誰でも理不尽だと感じるものです。こういった不満は怒りやストレスになり、仕事に対するやる気をダウンさせる原因になります。

やる気が出ないシチュエーション18:周りがうるさい時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、周りがうるさい時です。周囲の環境は精神面にも大きく影響します。

特に、音がうるさかったり騒々しかったりする場所では集中力も低下し、やる気も下がっていってしまいます。また、周りのことを過剰にうるさいと感じる場合、そもそも慢性的なストレスが原因となっている場合も多いです。

そういった場合には、すでにやる気が落ちる原因がそろってしまっているため、頑張ってやる気を出すことはできないでしょう。

やる気が出ないシチュエーション19:周りよりも自分が圧倒的に劣ってる時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、周りよりも自分が圧倒的に劣っている時です。

職場で周りの人間は仕事ができるのに、自分だけ何の成果も上げられない状態になっていると、まずは焦りを覚えます。しかしそれは次第に諦めとなり、仕事に対するやる気自体が下がっていってしまいます。

また、本来はこうあるべきと自分が思っている理想と現実とのギャップにストレスを抱えてしまい、やる気が失われてしまう場合も。

やる気が出ないシチュエーション20:自分の周りがあまりにも劣っている時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、自分の周りがあまりにも劣っている時です。

仕事では職場の人間と助け合いながら仕事をしなくてはいけないシーンは多々ありますが、自分の周りの人間の能力が低い場合、負荷は自分自身にかかります。

特にチームとして仕事をする場合、自分自身がどれだけ優秀であっても周りの人間に足を引っ張られれば、次第にやる気はなくなっていってしまうでしょう。

やる気が出ないシチュエーション21:期限が迫っている時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、期限が迫っている時です。

例えばテスト前日なのに勉強をする気が起きなかったり、仕事の締め切りが近いのにやる気が起きなかったりするということはよくあります。

これは期限が迫っていることにストレスを感じ、無意識に逃げようとしていることが原因でやる気が低下していっているといえます。

やる気が出ないシチュエーション22:時間に余裕がありすぎる時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、時間に余裕がありすぎる時です。

何かやらなくてはいけないことがある場合でも、時間的な余裕があると逆にやる気が出なくなる場合があります。

ただ、時間的に余裕があると思えても、実際に始めるてみると思っていた以上に時間がかかった、という経験はよくあります。

また、やる気が出ないのは時間に余裕があると思い込んでしまうことにも原因があるため、何をするにしても「余裕はないもの」と意識的に考えるほうがいいでしょう。

やる気が出ないシチュエーション23:報酬が出ない・少ない時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、報酬が出ない、もしくは少ない時です。

金銭的な報酬だけではなく、頑張った分だけの精神的な報酬がなければ、人はやる気を失います。

例えば、頑張って資料をまとめ上げたのに、上司に「それは要らなくなった」などといわれれば、ショックだけでなく虚しさも覚えますよね。

そういったことが繰り返されると、なぜその仕事をしているのか次第に意味が分からなくなり、仕事全体に対するやる気もなくなっていってしまいます。

やる気が出ないシチュエーション24:頑張っても褒められない時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、頑張っても褒められない時です。

先ほどの報酬が出ない・少ない時と近い内容ですが、褒められるということは精神的な報酬になります。

何かを頑張って達成したのに、誰からも褒めてもらえなければ、たとえ頑張っていることが自分の好きなことであっても、だんだんとやる気を失っていってしまうでしょう。

やる気が出ないシチュエーション25:1人でいる時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、1人でいる時です。

誰とも会わずに1人でいると、その孤独感から無意識のうちにやる気が出なくなる場合があります。何となくつまらない、何となく寂しいといった感覚が次第にやる気の低下につながるのです。

また、一人暮らしだと毎日同じような生活になり、ほとんど同じ感覚しか使わず、感覚が鈍磨していくこともあるため注意が必要です。

やる気が出ないシチュエーション26:快適な環境にいる時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、快適な環境にいる時です。

快適な環境はやる気を出すのに必要なものですが、逆に快適すぎるとリラックスしすぎてしまい、やる気が失われていくこともあります。

そのため、例えば仕事をする場合には適度な緊張感も必要だといえるでしょう。

やる気が出ないシチュエーション27:二日酔いの時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、二日酔いの時です。

飲みすぎてしまい、二日酔いになると、頭痛や吐き気などのさまざまな身体的なダメージが現れます。

人の身体はそういった不快感や欲求不満に影響されやすく、二日酔いではまともに集中力を保つことができなくなるため、やる気も低下していってしまいます。

やる気が出ないシチュエーション28:ドタキャンされた時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、ドタキャンされた時です。

例えば、前々から友達や恋人と夕食を食べる約束をしていたのに、当日に突然ドタキャンされれば、誰でもショックを受けて落ち込むでしょう。

そういった精神的負荷はやる気を失わせるため、注意が必要です。

やる気が出ないシチュエーション29:好きな人に会えない時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、長い時間好きな人に会えない時です。

会いたいのに恋人に会えない時間が長くなると、喪失感からやる気の低下につながる場合があります。

海外にいるなどの距離的な難しさがあるということでなければ、寂しいと思った時には定期的に会うようにしましょう。また、直接会うのが難しければ、スカイプなどの方法もあります。

やる気が出ないシチュエーション30:休み明け

やる気が出ないシチュエーションの1つは、休み明けです。

長期間の休みなどを挟むと、学校や仕事などに気持ちを切り替えることができず、やる気が出ないままになってしまうことがあります。

また、休みの間にレジャーやスポーツなどを楽しんだ場合は、肉体的にも疲労感が残ってしまい、やる気が出ない場合も。

やる気が出ないシチュエーション31:失敗した時

やる気が出ないシチュエーションの1つは、失敗した時です。仕事でも人間関係でも、何かに失敗すると人は強いストレスを感じます。

また、それが仕事であれば責任感のある人は自分のミスにイライラしてしまい、繊細な人は周囲からの視線を気にしてしまうことになり、仕事に集中できなくなります。

何かに失敗した時はやる気が起きなくなるものですが、大切なのは失敗から学び、必要以上に落ち込まずに気持ちを切り替えることです。

やる気が出ない時の対処法28選

生きていれば、さまざまな要因でやる気が出なくなる時があります。

何をするにもめんどくさいと感じるだけならまだマシですが、例えば無力感に苛まれたり、頑張りすぎて虚脱感に襲われることが常態化したりしてしまうと、仕事の休職をはじめ日常生活にも支障が出かねません。

そんな時は、気分転換のためにもやる気を出すためのさまざまな手段を取ることをおすすめします。ここではやる気が起きない時の対処法28選を紹介します。

やる気が出ない時の対処法1:旅行をする

やる気が出ない時の対処法の1つは、旅行をすることです。やる気が出ない場合の解消法として旅行をする人は多くいます。

やる気が出なくなってきた時は脳や心が疲れており、ストレスをため込んでいます。そのため、知らない町に訪れ、知らない景色や文化に触れて気持ちをリフレッシュすることはとても有効な対処法です。

また、脳が刺激を受けることで以前よりもやる気が増す場合もあるため、「疲れた」と感じたら旅行をするといいでしょう。

やる気が出ない時の対処法2:友達と会う

やる気が出ない時の対処法の1つは、友達と会うことです。さまざまなストレスでやる気が出なくなっている時、人に会うのが億劫だという場合もあるでしょう。

しかし親しい友人に会っておしゃべりをしたり、夜ご飯を食べたりするだけで、元気をもらえる場合もあります。

また、会うだけで周りの人に元気を分け与えられる人もいます。そのため、会うことで元気をもらえる友達がいるなら大事にして、いい付き合いを続けていくようにしましょう。

やる気が出ない時の対処法3:お金を使う

やる気が出ない時の対処法の1つは、お金を使うことです。ある程度大きなお金を使うことですっきりすることがあります。

特に女性は買い物をすることでストレスを解消できる傾向にあるため、やる気を出すためにお金を使うことも1つの手段です。

ただし、お金を使った後の満足度が低いと結果的に後悔してしまうこともあります。やる気を出すためとはいえ、お金は計画的に使いましょう。

やる気が出ない時の対処法4:おいしいものを食べる

やる気が出ない時の対処法の1つは、おいしいものを食べることです。食欲は人間にとって重要な欲求です。

おいしいものを食べれば感動を覚え、さらに舌からの刺激が脳に伝わり、脳にとっても新鮮な喜びになるため、いいことばかりです。

また、食べることで空腹も満たされるため、単純にストレスの軽減を図ることができます。やる気が出ない時にはおいしいものを食べて、栄養もしっかり取って、肉体的にも精神的にも満たされることが重要です。

やる気が出ない時の対処法5:睡眠をとる

やる気が出ない時の対処法の1つは、睡眠をとることです。

体が疲れているのであれば、無理して頑張るよりも眠ることがやる気を出す一番の方法です。

例えば夜遅くに疲れて帰って来た時などは、それから試験の勉強をしようとしてもやる気が出ないのは当然。無理をするよりもすぐに寝て、早起きして勉強したほうが効率も上がるでしょう。

やる気が出ない時の対処法6:相談する

やる気が出ない時の対処法の1つは、相談することです。何かストレスがあって、やる気が出ない場合、1人で抱え込んでしまうと状況が悪化する場合があります。

そのため、信頼できる人に相談するといいでしょう。身近に相談できる相手がいない場合は、精神科を受診してみるのも1つの方法です。

やる気が出ない時の対処法7:優先順位を変える

やる気が出ない時の対処法の1つは、優先順位を変えることです。

やらなければいけないことが複数あったり、仕事が忙しすぎてたくさんのことをやらなければいけなかったりする場合、頭の中がもやもやするため、やる気が起きなくなります。

そういった場合には、メンタルトレーニングと同じで「そもそも本当にそれをやる必要があるのか?」「目的を達成するためにほかの方法はないか?」というように自分自身に質問を投げかけ、頭の中を整理しましょう。

そうして頭を整理し、優先順位を変えることで、もやもやを解消してやる気を出すことができます。

やる気が出ない時の対処法8:今はやらない

やる気が出ない時の対処法の1つは、今はやらないことです。

ストレスで心が疲弊していたり、夜遅く帰宅して身体が疲れ切ったりしている時、無理にやる気を出そうとしても無理です。そういった場合には、今はやらないという選択肢を取ることも必要になります。

どうしても今やらなければいけないことなら別ですが、明日でもいい場合は先に休息を取ることを優先しましょう。

やる気が出ない時の対処法9:誰かと一緒にやってみる

やる気が出ない時の対処法の1つは、誰かと一緒にやってみることです。

仕事などでやる気が出ない場合、信頼できる誰かに相談したり、もしくは一緒にやってみたりすることも有効な対処法です。

チームのメンバーに相談して一緒に取り組めば、今まで以上の連帯感や一体感など、1人では生み出せないパワーが発生します。

また、人に助けてもらうことで心の支えになり、次に誰かが困っていた時には自分が助けようとポジティブな気持ちを持つこともできます。

やる気が出ない時の対処法10:ポジティブに考える

やる気が出ない時の対処法の1つは、ポジティブに考えることです。

仕事などのやる気を保つためには、ポジティブに考えることで気持ちを明るくすることが必要。また、できれば考えるだけでなく、ポジティブな声かけを周りの人にもするといいでしょう。

しっかりと言葉にすることで、考えているだけの時よりも効果が増すだけでなく、相手の気持ちも持ち上げることができます。

さらに、言葉にすることでだんだんとその気になっていくものです。そのため、やる気が出ない時こそポジティブな言葉を口に出すようにしましょう。

やる気が出ない時の対処法11:ペットと遊ぶ

やる気が出ない時の対処法の1つは、ペットと遊ぶことです。『アニマルヒーリング』という言葉があるように、動物には人の心を癒す力があります。

自分に一生懸命に応えてくれる大切なペットを前にすれば、やる気をなくして落ち込んでいたとしても前向きな気持ちになれるでしょう。

また、犬などの行動的なペットなら、一緒に散歩に行ったり外で遊んだりすることで身体を動かすことができ、運動不足も解消することで自然とやる気も出せるようになります。

やる気が出ない時の対処法12:好きな人に会う

やる気が出ない時の対処法の1つは、好きな人に会うことです。

誰か人を好きになるだけで気持ちが明るくなり、好きな相手のことを考えるだけでやる気が出てくることがあります。

このように恋愛にはすごい力があるので、やる気が出ない場合には考えるだけでなく直接会ってみるといいでしょう。好きな相手に会えれば前向きな気持ちになれるだけでなく、生活への張り合いも増すでしょう。

やる気が出ない時の対処法13:海に行く

やる気が出ない時の対処法の1つは、海に行くことです。やる気が出ない時には気分転換をすることが重要です。

そのためにきれいな海へ行って気分をリフレッシュし、夏なら泳いだりマリンスポーツをしたりして体を動かせば、やる気を出すためにとても有効な手段になります。

また、たとえ近場の海であったとしても、普段行かない場所へ行くことは脳にとってもいい刺激に。雄大な海を眺めるだけでも疲れた心を癒し、肉体的にも精神的にもエネルギーを補えます。

やる気が出ない時の対処法14:山に行く

やる気が出ない時の対処法の1つは、山に行くことです。木々のパワーや癒しのエネルギーをもらえる山も、やる気が出ない時の対処法としておすすめ。

特に山の場合は、海のような太陽の暑いエネルギーを直接浴びるわけではないので、海へ行くほどの体力がないという場合でも森林浴は効果があるでしょう。

また、木々の緑は交感神経を刺激するため、頭の働きも活発になるといわれています。森林を散歩するにせよ、山歩きをするにせよ、体を動かすことになりますので、心身ともに元気をもらえるでしょう。

やる気が出ない時の対処法15:場所を変える

やる気が出ない時の対処法の1つは、場所を変えることです。

普段学校へ行ったり仕事をしたり家で家事をしたり、代わり映えのない生活を送っているとやる気が失われていきます。そういった場合には、普段行かない場所へ行くことも大切です。

大げさな旅行ではなくても、例えば図書館へ行って勉強をしたり、行ったことのないカフェでお茶を飲んだりするだけでもいい気分転換になり、やる気が出てくる場合があります。

やる気が出ない時の対処法16:瞑想する

やる気が出ない時の対処法の1つは、瞑想をすることです。

日々忙しい生活を送っている現代人は、いつの間にかストレスをため込んでいるもの。ストレスに負けてしまいそうな場合には、毎日の生活に瞑想を取り入れてみるのも有効です。

瞑想には心をリラックスさせる効果があります。リラックスすることで幸福感が増し、ストレスから解放されるのです。

まずは1日10分だけでもいいので、心を落ち着かせ、瞑想をしてみてはいかがでしょうか。

やる気が出ない時の対処法17:音楽を聴く

やる気が出ない時の対処法の1つは、音楽を聴くことです。音楽は人の心に影響を与えることが科学的に証明されています。

特に自分の好きな曲を聴くことで、落ち込んでいた気分を明るくしたり、ポジティブな気分にさせてくれたりします。

また、テンポの速い曲の場合はテンションを上げるといった効果も。スポーツ選手なども、試合の前に好きな曲を聴いたり歌ったりしてモチベーションを上げていることもあるので、やる気が出ない時には好きな音楽を聴くといいでしょう。

やる気が出ない時の対処法18:テレビを観る

やる気が出ない時の対処法の1つは、テレビを観ることです。

気分が落ち込んでいてやる気が出ない時には、気分転換にお気に入りのドラマやバラエティ番組を観て、脳にいい刺激を与えることもおすすめです。

ただし、だらだらと目的もなくテレビを観てしまうのはNG。テレビから流れてくる情報をただ受け入れてしまう状態になると、逆に自分の意思で考える力が弱まってしまいます。

また、ニュース番組の場合はネガティブな情報まで入ってきてしまうため、見る番組のチョイスには気をつけるようにしましょう。

やる気が出ない時の対処法19:映画を観る

やる気が出ない時の対処法の1つは、映画を観ること。仕事をするモチベーションが出ない時には、映画を観るのもいい方法です。

ストレス解消に泣ける映画を観るのもいいですが、単純にやる気を出させるためなら、モチベーションが上がるような面白い映画がおすすめ。

また、気分を上げるなら音楽が魅力的なミュージカル映画を観れば、音楽の力も借りられるため、やる気をアップさせるのに効果的だといえるでしょう。

やる気が出ない時の対処法20:子供と遊ぶ

やる気が出ない時の対処法の1つは、子供と遊ぶことです。子供と遊ぶことで気分転換ができるだけでなく、体を動かす遊びであれば運動不足を解消することもできます。

知らず知らずのうちに運動不足になっていることが、やる気が出ない原因になっていることは多いです。

そのため、やる気が出ない場合には子供とくたくたになるまで遊ぶことで、しっかりと体を動かすようにしてみましょう。

やる気が出ない時の対処法21:お酒を飲む

やる気が出ない時の対処法の1つは、お酒を飲むことです。

お酒はたくさんの量を飲むのは体にも精神的にもよくありませんが、適量であれば気分転換にもいい方法です。

特にお酒が好きな人なら、お酒を嗜む程度に飲めば、俄然やる気が出てくる場合もあるでしょう。

やる気が出ない時の対処法22:コーヒーを飲む

やる気が出ない時の対処法の1つは、コーヒーを飲むことです。仕事や勉強の休憩時間にコーヒーを淹れる人も多いでしょう。

コーヒーは飲むだけで集中力をアップすることができる飲み物といわれているため、やる気が出ない時にコーヒーを飲むのはとても有効な方法です。

例えば、コーヒーに含まれているカフェインは覚醒作用があるため、疲れた頭をスッキリさせることができるといわれています。また、独特の香りも脳にいい刺激を与え、リラックスできるでしょう。

さらにブラックなら苦味が刺激にもなるため、やる気を出したい場合にはぜひブラックコーヒーを飲みましょう。

やる気が出ない時の対処法23:炭酸を飲む

やる気が出ない時の対処法の1つは、炭酸を飲むことです。やる気を出し、集中力を上げるなら、味のついていない無糖の炭酸水がおすすめです。

水を飲むだけでも集中力を向上させることができますが、炭酸が入っていることで血行を促進するため、さらに脳にいい影響を与えるといわれています。

また、炭酸による刺激で眠気を覚まし、疲労回復の効果も期待できるそう。ただし、コーラなどの炭酸飲料は砂糖の量が多いため、避けるようにしましょう。

やる気が出ない時の対処法24:タバコを吸う

やる気が出ない時の対処法の1つは、タバコを吸うことです。

喫煙の習慣がある人の場合、ニコチンが切れるとイライラしたり落ち着かない気持ちになったりしてしまうので、適度なタバコ休憩をはさむことが必要になります。

ただし、タバコはとても体に害があるものなので、禁煙治療などをして禁煙するほうが、やる気が出なくなる原因を1つ潰すことにもなるため、おすすめです。

やる気が出ない時の対処法26:お風呂に入る

やる気が出ない時の対処法の1つは、お風呂に入ることです。お風呂に入ってじっくり体を温めることで、温熱効果で気分をリフレッシュさせることができます。

また、お風呂に入ることで静水圧により全身へのマッサージ効果を生み出し、血の巡りもよくなるといわれています。

さらにお湯に浸かることで体が重力による重みから解放され、全身をリラックスさせる効果もあるため、お風呂に入る場合はシャワーだけでなく温かい湯船にきちんと浸かるようにしましょう。

やる気が出ない時の対処法27:香水をつける

やる気が出ない時の対処法の1つは、香水をつけることです。普段から仕事に行く時には、気分を上げるために香水をつけるという女性もいますよね。

嗅覚は、視覚や味覚ほど直接的ではありませんが、香りも脳に刺激を与えるのに重要な役割を持っています。

例えば、エステやサロンなどのアロマで癒されることもあれば、おいしいものを食べても花粉症などで香りを感じず、まったく味気のないものになってしまうこともあります。

そのため、お気に入りの香水をつけることでモチベーションを上げたり、普段と違う香水をつけることで気分を変えたり、さまざまな使い方をして気分を上げるようにしましょう。

やる気が出ない時の対処法28:水で顔を洗う

やる気が出ない時の対処法の1つは、水で顔を洗うことです。

冷たい水で顔を洗うと眠気覚ましになるだけでなく、新しい刺激が伝わるため、疲れた脳が刺激されていい気分転換になります。

勉強や仕事に疲れた時には、休憩がてら水で顔を洗ってみるのも脳の休憩のために有効だといえるでしょう。

やる気が出ない原因は?

ここまではやる気が出ないシチュエーションやその場合の対処法などを紹介してきましたが、やる気が出ないシチュエーション自体はさまざまでも、その原因はいくつかに限られています。

具体的な原因が分かれば、実際にやる気が出なくなった時に根本的な原因を排除することも可能になるでしょう。ここではやる気が出ない原因について紹介します。

やる気が出ない原因1:身体的な欲求を無視する

やる気が出ない原因の1つは、身体的な欲求を無視することです。

先述のとおり、人間は肉体的な欲求不満があると集中力をそがれ、やる気が出ない状態になります。

そのため、空腹なので何か食べたい、歯が痛いから歯医者に行きたいといった肉体的な欲求を無視した場合、どんなに早く仕事を進めたくても、十分なやる気を保つことはできないでしょう。

やる気が出ない原因2:社会に拒絶反応が起こる

やる気が出ない原因の1つは、社会に拒絶反応が起こることです。

初めのうちは仕事に行くと体がだるい、力が入らないといった反応ですが、悪化すれば仕事をやりたくない、仕事に行けない、気分が憂鬱で何もやる気にならないといった状態になってしまいます。

20代後半や30代後半などの働き盛りでもなる可能性があり、最悪の場合は退職せざるを得なくなる場合も。酷くなる前にカウンセリングなどを受けるようにしましょう。

やる気が出ない原因3:身体的な疲れ

やる気が出ない原因の1つは、身体的な疲れです。

やる気が出ない人によくあるパターンは、身体的な疲れ。忙しい現代人によくあることですが、体がくたくたに疲れていたらやる気が出るはずがありません。

毎日会社で残業しているような状態なら、家へ帰っても何もしたくないでしょう。

やる気が出ない原因4:決断することが多すぎる

やる気が出ない原因の1つは、決断することが多すぎるためです。

頭の中に考えごとや悩みごとが多すぎると、そちらへ意識が集中してしまい、集中力がそがれ、作業に対するやる気を持つことができなくなります。

人間は意志の弱い生き物なので、誰でも一日に使える意志の力は決まっています。悩みごとや決断することが多すぎると、その分精神力を消耗してしまうのです。

そのため、意志の力をすり減らしてしまい、やる気が出ない状態につながっていくといえるでしょう。

やる気が出ない原因5:血糖値のアップダウンが激しい

やる気が出ない原因の1つは、血糖値のアップダウンが激しいことです。例えばストレスなどで1回の食事でドカ食いをしてしまうと、急に血糖値が上昇します。

これだけ聞くとやる気が出るような気がしますが、ドカ食いをすると食後は血糖値が高くなりますが、その後は長時間にわたって血糖値が低い状態が続くといわれています。

そのため、脳のブドウ糖が足りない時間が長く続いてしまい、やる気も出なくなってしまいます。

やる気が出ない原因6:慢性的なストレス

やる気が出ない原因の1つは、慢性的なストレスです。

やる気を出すためには「やりたい」という気持ちも大切。感情のコントロールにはブドウ糖が使われるため、やる気という感情を生み出すにもブドウ糖が必要となります。

しかし慢性的なストレスを抱えている場合、イライラやムカつきなどの怒りの感情をブドウ糖を使ってコントロールしてしまうため、体内のブドウ糖はそれだけで減っていってしまうといわれています。

そのため、ストレスがあるだけで脳はブドウ糖不足になり、やる気が出ない状態になってしまうのです。

やる気が出ない原因7:運動不足

やる気が出ない原因の1つは、運動不足です。

ランニングや筋トレなどの有酸素運動は健康にいいだけでなく、ストレスや不安感を払拭し、やる気が出ない状態を改善する力があります。

例えば、引きこもりやニートは、やる気が出ないせいで自宅に引きこもっているように思われがちですが、家から出ずに運動不足になっているせいでやる気が出ないという面もあります。

運動をするだけで人間の脳には大きな変化が起こります。そのため、逆にいえば運動不足のせいでやる気が出ない場合もあるのです。

やる気が出ないのはストレスから!ストレス解消法

やる気が出ないのはストレスが大きな原因になっています。慢性的なストレスは、慢性的なやる気不足につながります。

また、何をするにも面倒くさい、部屋の片付けができない、仕事から逃げたい、辞めたいなどのさまざまな悪い影響が出てきます。

そのため、ストレスのせいでやる気が出ない場合は、ストレスから身を守ったり、ストレスを解消したりすることが必要です。ここではさまざまなストレス解消法を紹介します。

ストレス解消法1:カラオケに行く

もやもやとした怒りやイライラなどが溜まっている場合には、溜まっている悪いエネルギーを発散することでストレスを解消できます。

運動をするのもおすすめですが、歌うことが好きな場合はカラオケに行って思いっきり歌うのもいいでしょう。

普段は自宅や街中など、大きな声を出せる場所がなかなかないため、思いっきり歌うことはできません。そのため、カラオケでは好きに歌ってストレスを解消しましょう。

ストレス解消法2:泣く

ストレス解消には泣くことも必要です。感動できる映画やドラマなどを観て泣けば、副交感神経が優位になり、とてもリラックスすることができます。

また、泣くのを我慢している状態は、自分の感情を抑え込んでいるため、交感神経が優位になってしまっています。

そのままでは余計にストレスが溜まってしまうため、ストレス解消のためには自分の感情を解放し、時には思いっきり泣いてみることも必要です。

ストレス解消法3:寝る

睡眠不足がストレスにつながっている場合も多くあります。そのため、ストレスを解消するには眠ることも重要です。

ストレスを抱えている状態は、脳も疲弊してしまいます。睡眠を取ることで脳疲労が解消されるといわれているため、しっかりと上質な睡眠をとることで脳をクールダウンすることができるのです。

また、ストレスが少ない人はストレスが多い人よりも睡眠時間を長くとっているというアンケート結果もありますので、ストレスを溜めないためにはしっかりを眠るようにしましょう。

ストレス解消法4:誰かに話す

友人や恋人、家族など、親しい誰かに話すことで、辛いストレスを解消することができます。直接ストレスに原因になっていることを深刻に相談しなくても、ただ話をすることで気分転換にもなるのです。

また、1人でいると気持ちが滅入ってしまいがちですが、誰かがそばにいてくれればそれだけでも助けになります。

人と話したくない場合もありますが、ストレスが溜まっている時には大切な誰かと過ごすことも大切です。

ストレス解消法5:自然に触れる

忙しく働いている場合、ゆっくりと自然に触れる機会はなかなかありません。自然に触れると、脳がリラックスした副交感神経に切り替わります。

さらに自然がいっぱいの場所でしっかりと太陽を浴びることで、ポジティブで前向きな気持ちが湧いてくるようになります。

また、大自然の中では自分の悩みが小さなものに思えてくることも。気分転換にも最適なので、ストレスが溜まっていたら休暇を取って自然に触れるといいでしょう。

やる気が出ない時は休憩をとりながらほどほどにやろう!

人間の身体は精神的・肉体的な負荷に影響を受けやすいため、些細なことでやる気がでなくなる時があります。

そんな時に無理に頑張っても、ミスにつながったり、時間ばかり無駄にしたりする場合もありますので、気分転換をするなど適度な休憩を取ることも大切です。

軽く休憩をすれば、案外簡単に持ち直すこともできるでしょう。もしもやる気が出なくなってしまった場合には、ぜひここで紹介した対処法を実践してみてください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top