grape [グレイプ]

もし『本能寺の変』のお知らせハガキが届いたら 「ダメだ笑ってしまう」「秀逸すぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「もし、あの時代に〇〇があったら」と想像して『歴史パロディ画像』を作成している、スエヒロ(@numrock)さん。細かなネタが詰め込まれたクオリティの高い画像は、公開される度に人々を爆笑させています。

『本能寺の変』に関するお知らせハガキ

1582年、家臣の明智光秀が謀反を起こし、本能寺にいた織田信長を襲撃した『本能寺の変』。明智光秀が織田信長から天下をとった、歴史上の事件です。

明智光秀の軍勢は、1万3千人ほどいたといわれています。

もしも当時、ハガキという連絡ツールがあったら光秀はどのように武将たちを集めたのでしょう…。

細かいところまで作りこまれた、こちらの作品をご覧ください!

『謀反に関する大切なお知らせ』と書かれたハガキ。差出人は明智光秀になっています。

謀反予定は書かれていますが、終了時間は『未定(討ち取り次第終了)』

各種武器や防具、防寒具は自分で準備をして桂川へ集合するようです。

そして、注意事項には恐ろしい言葉が…。

怪我、討ち死にされた場合について、当家では責任を負いかねますのでご了承ください。

命がけの謀反なのが伝わってきます…。

この作品を見た人たちから、たくさんのコメントが寄せられていました。

・裏が透けていて芸が細かい!発想とセンスが最高ですね。

・秀逸すぎる。謀反コードまであるのか!もらいたくないハガキだな。

・ダメだ…笑ってしまって最後まで読めない。

・不穏な言葉がたくさん並べられてる。届くまでにバレそうで怖いね。

おまけとして、個人情報保護のシールまで作成したスエヒロさん。

しかし、細かく並べられた『謀反』の文字から、個人情報は隠しても謀反については隠さないようです…。

ほかにも、いろいろな『歴史パロディ』が!

スエヒロさんの『歴史パロディ』が詰まった本が、現在販売中です。気になる人は、ぜひ手に取ってみてください。

豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡がきました。詐欺でしょうか?

豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡がきました。詐欺でしょうか?

スエヒロ
1,100円(02/24 14:14時点)
発売日: 2016/06/30
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典
@numrock

Share Tweet LINE コメント

page
top