grape [グレイプ]

「朝食にもぴったり」「カロリー低め」アレンジ自由のスコーンとは?

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ネットで話題になっている『サクふわスコーン』をアレンジして作ってみました。

元々は薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーを使うレシピでしたが、ホットケーキmixで代用することに。今回は、こちらの材料でサクふわスコーンに挑戦します。

■材料
・ホットケーキmix 150g
・オリーブオイル 大さじ2
・牛乳又は豆乳 約30cc
・ほうれん草 20g

では、早速作っていきましょう。

ほうれん草を練り込んだスコーン作り

まずはオーブンを200℃にセットしてから、材料を計量します。

ホットケーキmixとオリーブオイルをボールに入れ、プレーンスコーンを作る時は牛乳または豆乳を少しずつ入れます。

今回はアレンジのために、湯がいたほうれん草をミキサーで粉砕した冷凍キューブ20gを用意。

「少しでも栄養があるおやつになれば」ということで、ほうれん草キューブを入れて、フォークで混ぜました。

こんな感じに均等になったら、牛乳を少しずつ入れます。

ほうれん草キューブを入れている分、牛乳は少な目の30ccくらいでした。

まとめる時のポイントは、こねないこと。こねるときれいな層になりません。

まとめては、包丁で半分に切って上に重ねて手のひらで潰すという作業を5回くらい繰り返し、最後に包丁で一口サイズに切ります。

オーブンに並べて、15分焼くのですが、200℃で10分焼いたところでこんな感じに。

ちなみに、下の写真は試しに作ったプレーンスコーンです…少し焦げてしまいました。

我が家のオーブンで200℃は、火力が強かったようです。

10分程度で焦げ始めたので、オーブンから出して食べてみると、半ナマ。「こりゃマズい」ということで、180℃に下げて5分ほど焼いています。

こちらは、ほうれん草キューブ入りスコーン。180℃で15分焼いたところ、うまく膨らんで層になりました。

オーブンの火力はメーカーによっても違うみたいですね。

幸い、1回目も2回目も子供たちはパクパク食べてくれて好評でした。

甘さ控えめで、外はサクサク、中はフワフワのスコーン。忙しい朝でも作りやすい簡単レシピです。

バターも卵もない時に「ホットケーキmixで作れるおやつないかなぁ」と思ったら、ぜひ作ってみてくださいね!


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top