grape [グレイプ] society

サントリーが無償で高濃度のアルコールを提供 「やることがかっこいい」「さすが」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

新型コロナウイルス感染症の影響で不足している、消毒液。

厚生労働省は2020年4月14日までに、「やむを得ない場合に限り、アルコール度数が高い酒を手指の消毒に代用しても問題ない」と都道府県に通知しました。ただし、高濃度の酒の代用は特例措置であるとしています。

同月15日には、飲料水などの製造・販売を行うサントリーグループが、医療機関などに向けてアルコールの一部を無償で提供することを発表しました。

サントリーグループでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需給がひっ迫している消毒用アルコールについて、協力できることがないか検討してきました。このほど医療機関等において、手指消毒用以外の高濃度アルコールも消毒用として使えるようになったため、サントリースピリッツ(株)大阪工場で蒸溜したアルコールの一部を、医療機関等向けに、4月下旬より提供します。製品製造にかかる費用はすべて当社で負担します。

医療機関向け消毒用アルコールの提供について ーより引用

海外では、すでにグループのビームサントリー社がアルコール消毒液を製造し、ケンタッキー州の救急隊員や、医療関係者などへ提供しているとのこと。

特例措置の通知からわずか1日の発表に称賛の声が多数寄せられています。

・やることがかっこいい!惚れました。

・サントリーの商品を飲んで応援します。

・さすが!ありがとうございます。

消毒液が足らずに困っている医療関係者も多くいることでしょう。サントリーの提供によって消毒液の品薄不足が解消されることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
サントリー

Share Tweet LINE コメント

page
top