grape [グレイプ]

「子どもが苦手」「飲みにくい」 警視庁が紹介する『おいしい経口補水液』の作り方は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

夏が近付き、気温が高い日が増えると、注意したいのが『熱中症』。

外気温が上がると、室内の温度も気付かぬうちに上昇していることがあります。部屋の中にいても、こまめな水分補給が必要です。

熱中症対策に、最適の飲み物といえば『経口補水液』。水に塩やぶどう糖を混ぜたもので、ほかの飲み物よりも水分と塩分を早く身体に補給でき、熱中症などで起こる脱水症の改善に役立ちます。

しかし、味について「飲みにくい」と感じる人もいて、特に子供は苦手な場合が多いようです。

おいしく飲める『自家製経口補水液』

Twitter上で災害情報などを発信している警視庁警備部災害対策課は、熱中症対策として『自家製経口補水液』の作り方を投稿しました。

オレンジジュースをベースに、水と塩、砂糖をまぜた自家製の経口補水液。

これなら、子供も嫌がらずに飲んでくれそうですね。リンゴやブドウのジュースなどでも代用できるでしょう。

ネット上では「参考にしたい!」「子供に飲ませるのにぴったり」といった声が寄せられています。

自家製経口補水液は冷蔵庫で保存し、保存期間にも気を付けるようにしましょう。

警視庁警備部災害対策課では、ほかにもさまざまな熱中症対策を発信しています。暑さに負けないよう、しっかり自分の体調に気を配ることが大切ですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@MPD_bousai

Share Tweet LINE コメント

page
top