grape [グレイプ]

子供から「ラムネを食べた」と聞いて、ゾッ… 血の気が引いたワケとは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

化粧水や美容液をしみこませて使用する、紙製のローションシートのマスク。

近年では、圧縮して小さく包装した商品が増えていますが、便利な反面、管理に気をつけないと『思わぬ危険』があるかもしれません。

消費者庁が『ローションシート』の誤飲注意を呼び掛け

消費者庁はローションシートに関する事故情報を公開。注意喚起をしています。

「子どもがリビングで食事をしていた。キッチンにいた保護者が、「ラムネ」という声を聞き、見に行ったところ、「固かった、ごっくんした」と言った。紙製のローションシート(1cm大)を誤飲した疑いがあるため、受診。子どもの手の届かないところに置いていたが、椅子に登って取った可能性あり。」(2歳)

上記の紙製のローションシートとは、化粧水等を染み込ませて顔全体を覆って使うシートマスクを圧縮した商品です。

このような商品は、個包装になっている場合もあるため、表示をよく確認しないとタブレット菓子(ラムネなど)と間違えやすいものもあり、子どもだけでなく、高齢者や他の家族も、食品と思い込み、誤飲する可能性が考えられます。

消費者庁 ーより引用

個包装になっているローションシートは、ラムネなどのお菓子と間違えやすく、子供が誤飲する危険もあるとのこと。

また2020年7月22日に消費者庁はTwitterを更新し、こんな写真を投稿しています。

タブレット型のお菓子が並べられた画像。大きさを比較するために置いた100円玉のほかに、ローションシートが混じっているとのこと。

パッと見ただけでは、まったく見分けがつきません。正解が、こちらです。

化粧水を浸透させる前のローションシートは、ラムネにそっくりです。

同様の商品を使っている人は、事故が起こらないよう、子供の目に届かない場所に置くなどしっかり管理をしたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@caa_kodomo消費者庁

Share Tweet LINE コメント

page
top