grape [グレイプ] lifestyle

自転車の乗り方やコツってなに? 大人が知りたい教え方や教室の情報は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

自転車の乗り方やコツってなに? 大人が知りたい教え方や教室の情報は?

※写真はイメージ

多くの人が子供の頃に乗り方を練習をする自転車。

補助輪を付けたり、親に支えてもらったりして乗れるようになった人も少なくないでしょう。

ただ、自分が子供に教えるとなると、どのように教えたらいいのかが分からないなんてことも…。

そんな自転車の乗り方や教え方、練習方法やコツなど、大人になっても役立つ情報をご紹介します。

自転車の乗り方にコツはあるの? 最初に練習したいこと

まず、練習を始める前に自転車や服装を確認しましょう。

転んでもケガをしないように、長袖長ズボンやヘルメットを装着することが望ましいです。転んだ時に手をついても平気なように、軍手などの手袋も用意するといいでしょう。

自転車のサドルの高さも重要です。

またがった時に、両足がしっかりと地面につくくらいの高さに調節します。

自転車の乗り方、教え方ってどうしたらいい? 練習方法やコツをまとめて伝授

※写真はイメージ

ペダルを外して足でこぐ

自転車を練習しようと思ったら、多くの人がペダルをこぐところから始めてしまうことでしょう。

しかし、それだとしっかりとバランスを取る練習ができていないため、すぐに転んでしまいます。

まずは自転車のペダルを外し、足で地面を蹴って進む練習から始めましょう。

自転車の乗り方、教え方ってどうしたらいい? 練習方法やコツをまとめて伝授

※写真はイメージ

勢いがついたら足を浮かせて進み、倒れそうになったら足をついて体勢を立て直します。

こうして少しずつバランスを取る感覚を養うとよいそうです。

この時、多くの子供が怖さから下を見てしまいがちですが、視線はまっすぐ前を見るようにするとバランスがとりやすくなります。

足で止まらずブレーキを使う

次に練習をするのが、ブレーキの使い方。

最初のうちは力加減が分からず、止まれなかったり急ブレーキをかけたりしてしまうので、ゆっくりとした速度から始めます。

自転車を止める時は、足を使わないように気を付けましょう。

スタンドを立てた状態でペダルをこぐ

バランスも取れるようになり、ブレーキも使えるようになったらペダルを取り付けます。

ただ、最初はスタンドを立てた状態でペダルをこぐようにしましょう。

自転車の乗り方、教え方ってどうしたらいい? 練習方法やコツをまとめて伝授

※写真はイメージ

こうすることで、ペダルをこぐという行為に慣れていきます。

ここまでできるようになったら、実際にペダルをこいで自転車に乗るチャレンジをしてもよいでしょう。

ペダルを使ってのスタートがうまくいない時は、多数の自転車を収蔵している『自転車博物館サイクルセンター』のアドバイスを参考にするとよさそうです。

右足を踏みこみやすい位置(時計の2時の位置あたり)にペダルをセットしてください。 ペダルを真下まで力強く踏み込むとスピードが出て自転車が安定します。 

自転車が安定した後に、左足もペダルに乗せるようにします。 ペダルを踏み込む動作がわかりにくい時は、踏み込む時に身体を前に倒して体重をペダルに乗せるイメージがつかみやすいでしょう。

自転車が走り出して安定する前に、慌てて左足をペダルに乗せようとするとバランスを崩しやすくなります。

自転車博物館サイクルセンター ーより引用

自転車の乗り方を教えるには? 地域の教室に参加する

自転車の乗り方をどうしても教えられない、教える場所がないという時は、地域で開催されている『自転車教室』に参加するのもよいかもしれません。

場所によって有料、無料で参加できるところがあります。

自転車教室によっては年齢制限があるなど、参加できる条件が異なりますので、まずはウェブサイトなどを確認しましょう

最近ではYouTubeチャンネルに、自転車の乗り方が動画でアップされているので、参考にするのもよさそうです。

また、1人で自転車に乗れるようになった小学生や中学生、通学で自転車を使用している高校生などは、交通事故に遭う確率が高くなります。

そういった時は、警察署などが行っている自転車教室に参加して、交通ルールを学びなおすのも1つの手です。

自転車の安全な乗り方

自転車に乗れるようになると、移動できる距離も格段に増え、運動にもなります。

交通事故に気を付けながら、安全に自転車ライフを楽しみたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
自転車の安全な乗り方自転車博物館サイクルセンター

Share Tweet LINE コメント

page
top