grape [グレイプ]

料理を手伝わない夫に、妻はイライラ… コロナ禍でも変わらないかと思いきや?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

『男女平等』が叫ばれるようになった現代。しかし、いまだ『家事や育児は女性、仕事は男性がするもの』という考えは根強く残っており、夫婦の間で不満が募ることも少なくありません。

恥ずかしながら30代の既婚男性である筆者も、洗濯やゴミ捨て、掃除などはするものの、今まであまり料理などはしてきませんでした。

それによって妻の不満がたまり、時にはケンカになってしまうことも…。

※写真はイメージ

そんな状況の中、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)のためにテレワークが推奨されるようになり、筆者は在宅で仕事、妻は出社という状況に。

遅くに帰ってくる妻を、買ったお弁当や、宅配の料理で迎えるようになった筆者。やがて心には罪悪感が湧くようになり、こう思いました。

なんか…これは違う気がする。

料理をしない夫がキッチンに立つと…

ある日のこと、筆者は、とても簡単なものでしたが夕食を作って妻を迎えることにしました。

ドキドキしながら反応を待つと…。

※写真はイメージ

妻は驚きの表情を見せ、「ありがとう、めちゃくちゃ嬉しい」「久しぶりに実家に帰ってきたような気分になった」と、想像以上に喜んだのです!

その姿を見て「こんな簡単な料理でも喜んでくれるんだ」と思うとともに、「今まで申し訳なかったな…」という気持ちでいっぱいになりました。

それから料理は週の半分を妻が、もう半分を筆者が担当するようになり、夫婦ともにテレワークになった現在もその状況は続いています。

妻の笑顔も増え、夫婦関係がより円満に。このような当たり前のことに、改めて気付かされました。

男性も、絶対に料理ができたほうがイイ!

コロナウイルス拡大防止のためのテレワークで、夫婦仲が深まったという人もいれば、逆に溝ができてしまったという人もいるといいます。

もちろん前者のほうがいいはず…。もし、危険と思った人は、自分の行動を少しでも変えてみるといいかもしれませんね。

料理をしない人でも簡単に始められる『ズボラ飯』レシピ

普段、料理をしない筆者でも、意外とやってみると「思っていたよりは簡単」「やり始めると楽しい」という思いがわいてきました。

それで家族の笑顔が増え、家での居心地もよくなると考えれば安いもの。キッチンに立ってみると、新しい発見があるかもしれません。

とはいえ、面倒くさい、どうすればいいのか分からないという人もいますよね。

そんな時は、まずこれを作ってみてはいかがでしょうか。筆者のような初心者向けで、特に妻が喜んだ料理です!

具材とフライパンだけでできる『豚キムチ』

料理初心者は、無理をしすぎないこと、高望みしすぎないことが重要だと筆者は考えます。

なので、まずは具材と『フライパン』のみで作れる、簡単なこの料理がオススメです!

材料(2人分)

  • 豚肉(豚バラ) 150g
  • キムチ 豚バラと同じくらいの量
  • めんつゆ 小さじ1~2
  • ゴマ油 少々

材料はこれだけ。料理をする一般的な家庭ならば、おそらくめんつゆとゴマ油はあると思うので、必要なのは豚肉とキムチです。

人によっては包丁が苦手なこともあるかもしれませんし、洗い物が増えるのは避けたい『ズボラ料理』なので、食材は切らないやり方を紹介します。

作り方

  1. フライパンにゴマ油を引き、豚肉をスーパーのパックからそのまま投下。
  2. 豚肉をほぐしつつ炒め、肉の色が変わったらキムチを投下。
  3. キムチがしんなりしてきたら、めんつゆを投下して混ぜながら炒める。
  4. 味を見つつ塩コショウで調整したら、豚キムチが完成!

もし小さじが分からない、もしくは計り方が分からない人がいたら、ペットボトルのキャップの3分の2ほどが小さじ1杯ですので、試してみてください。

できあがったのがこちら。

めちゃくちゃ茶色い…。

しかし!前述した通り、まずは無理をしないことが何より重要です。簡単でおいしく、かつ後片付けが少ないことがポイントとなっています。

料理が楽しくなってきたら自分好みに改良したり、彩りを考えてみたりしてもよさそうです。

具材と電子レンジだけでできる『バター卵うどん』

次に、具材と電子レンジだけでできる『バター卵うどん』を紹介します。

この料理は、もしすでにカットされたネギなどがある場合、フライパンやまな板などの料理器具はほぼ使いません。

材料(2人分)

  • 冷凍うどん 2人分
  • 有塩バター ひとかけ(10gくらい)
  • 卵黄 2個
  • ワケギ、もしくは小ネギ 少々
  • ポン酢 少々
  • ゴマ お好みの量

作り方

  1. 冷凍うどんを、パッケージに書かれている情報にそって電子レンジで温める。
  2. 冷凍うどんが温まったら器にあけ、冷めないうちにバターとポン酢を入れ、よくからませる。
  3. 味を見つつ、塩コショウで調整。
  4. ワケギや小ネギ、ゴマをふりかけ、最後に卵黄を乗せたら完成!

できあがったのがこちら。

こちらもシンプルですが、妻は「笑っちゃうほどおいしい」と大絶賛!

しっかりとバターの味と香りが感じられ、卵黄の甘さなどもあり、見た目のシンプルさとはギャップのあるおいしさです。

とても簡単だということもあって、現在、我が家では昼食・夕食としてはもちろん、夜食に登場することもあります。

体調悪い時の定番『玉子のおかゆ』

自分の体調が悪い時に、パートナーがおかゆを作ってくれたら嬉しいのではないでしょうか。それは相手もきっと同じはずです。

普段の料理には不向きかもしれませんが、とても簡単なので、いざという時のためにも作ってみましょう!

    材料(2人分)

    • ご飯 300g
    • 水 600ml
    • 卵 1個
    • ワケギ、もしくは小ネギ 少々
    • 本だし 小さじ3分の2
    • 塩 少々
    • しょう油 小さじ1
    • チューブしょうが 2cmほど

    作り方

    1. 鍋に水とご飯を入れて、火にかける。手が空いている時に卵を溶いておく。
    2. 沸騰してきたら火を弱め、本だし、塩、しょうゆ、チューブのしょうがを入れて煮込む。
    3. 徐々にドロドロしてきたら、溶いた卵を入れ、軽くかき混ぜたらフタをする。
    4. 1~2分ほどしたらフタをあけ、ワケギや小ネギを振りかけ、混ぜたら完成!

    できあがったのがこちら。

    人によっては、もう少しネギを入れたほうがおいしく食べられるかもしれませんね。

    ただ、例えば胃の調子がよくない時にあまり熱をくわえていないネギを多く食べると、身体に負担がかかることもあるといいます。場合に応じて調整してください。

    もちろん、この3つだけでは十分に料理をしているとはいえないでしょう。しかし、料理を始めてみて「もっと作ってみようかな」という気持ちになることが大切だと思います。

    まずはキッチンに立つきっかけを作ってみましょう!

Share Tweet LINE コメント

page
top