grape [グレイプ] lifestyle

衣類にマステで『名前付け』できるってマジ? 実際に試してみたら

By - 植木みさと  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

幼稚園や保育園に子供を預ける際に、必ずといっていいほど必要になるのが、洋服などの持ち物に名前を付ける作業です。

我が子の持ち物に、名前を一つひとつ手書きで記入するのは労力が要るもの。仮に名前入りのシールを貼るとしても、動いた拍子にはがれないか、心配ですよね。

ネット上で「この発想はなかった」「目からウロコ!」と話題になった、持ち物に名前を付ける便利な方法をご紹介します。

マスキングテープで簡単に名前付け!

用意するのは、100円ショップで購入した白いマスキングテープと、名前を書く用のペン1本だけ!

まずは、マスキングテープに名前を書きます。そのテープを長めに切り取り、洋服のタグ部分にペタッと貼り付けましょう。

そのまま、タグの内側にマスキングテープの端を折り込み、しっかりと貼り付けます。

この時、タグの内側で、マスキングテープの両端が重なるようにして貼るのがポイントです。

これで名前付けは完成!

しかし…貼ったマスキングテープが、洗濯した拍子にはがれてしまわないかが心配ですよね。

テープを貼った状態の衣類を、実際に洗濯しても問題ないかどうか、試してみました!

マスキングテープ付きの服を、洗濯機で回してみたら…

名前を記入済みのマスキングテープを、タグに貼り付けた服を2着用意します。

『grape』と書いたシールのほうは洗濯ネットに入れた状態で、『グレイプ』と書いたシールのほうはそのままの状態で洗濯機へ。

Share Tweet LINE コメント

page
top