grape [グレイプ] lifestyle

アボカドの下処理をこれ1つで!卵型の不思議なアイテムをご紹介

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

クリーミーな舌触りと、脂肪分が多く含まれることから『森のバター』とも呼ばれるアボカド

アボカドは調理をせずに、そのままで食べても濃厚な味を楽しめるのが魅力です。

アボカドを自宅で食べようと思っても、皮や種の取り方が分からず諦めている人がいるのだそう。

そんな人の強い味方になる『アボカドカッター』が登場しました!

これ1つですべてが解決『アボカドカッター』

こちらのステンレスでできた、卵型のアイテムが『アボカドカッター』です。

これ1つですべてが解決!アボカドの皮に切り込みを入れ、種を取り、実を外すことまでできます。

横から見ると手で握りやすいように、曲線状になっているのが分かりますね。

こちらの小さな刃を使って、皮に切り込みを入れたり、種を取ったりします。

使い方はとってもシンプル

『アボカドカッター』はデザインも使い方も、とってもシンプル。

まず初めに、刃先を使ってアボカドの周りに縦に切り込みを入れ、ひねって2つに割ります。

アボカドの種に刃先を引っかけて、種を取り除きましょう。

種を取り除いたら、『アボカドカッター』を持ち替えて、スプーン状になっている先端部分を皮の内側に差し込んで実を取り出します。

『アボカドカッター』を実際に使ってみると…

アボカドを食べるのは好きだけど、毎回皮と種を取り除くのに苦戦する筆者が、実際に『アボカドカッター』を使ってみました。

まずは、アボカドの周りを一周するように、刃で切り込みを入れます。

少し力を入れてひねると…。

パカッと2つに割れました。続いて、刃先を種に引っかけます。

今回は熟していない固めのアボカドのため、なかなか種が抜けなかったので、『アボカドスプーン』を持ち替えて、スプーンのように種をすくって取ることにしました。

肝心な実は、『アボカドカッター』の先端部分を入れていくと、するりとむけます。

実をくり抜くと、この通り!

実をくり抜いたアボカドの皮は、サラダの器として使うことができますよ。

今回用意したアボカドは、ちょっと固かったので種を取るのが難しかったのですが、実のくり抜きは『アボカドカッター』のおかげで、きれいにできました。

次回は、しっかり熟したアボカドで試してみたいです。

食べ頃の柔らかいアボカドであれば、種は刃先を引っかければ取れます。

刃先を引っかけても種が取りにくい場合は、無理をせず、今回のようにスプーン状になった部分を使って取り出してくださいね。

さらに『アボカドカッター』は、アボカドのほかに柑橘類の皮をむく時にも使えます!

『アボカドカッター』さえあれば、種取りや実を外すなど、アボカドの下処理がすべて完結できますよ。

便利な『アボカドカッター』を使って、さまざまなアボカドの料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top