grape [グレイプ] lifestyle

「まさか本当にそれしか使わないなんて…」100%果物のお茶 お湯を注いでみて驚いた

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

仕事や家事の合間のひと息つきたい時に、欠かせないのが飲み物。

コーヒーや紅茶を飲んでリフレッシュしている人も、いることでしょう。

そんなリラックスタイムに、100%果実だけで作ったノンカフェインのお茶を飲んでみませんか。

原材料は果実だけ!『果実だけで作ったお茶』

『果実だけで作ったお茶』は、茶葉を一切使わずに、原材料が果実のみという珍しいお茶です。

果肉や皮を使って、自然の恵みをギュッと閉じ込めた、香り高いお茶に仕上げています。

ふわっと漂う果実の香りは、もちろん自然のものです!香料は一切使っていません。

一般的な香料を加えたフレーバーティーとは全くの別物。果実そのものの香りを楽しめます。

果実は『りんご』『ラフランス』『いちご』『ベリー』の4種類をご用意しました。

パッケージには、それぞれの葉っぱのシールが付いているのもポイントです。

りんごだけで作ったりんご茶

『りんごだけで作ったりんご茶』に使用されているのは、100%青森県産のりんごのみ!

フレッシュなりんごのおいしさを味わってもらうため、何度も試作を重ねて作り上げたそうです。

実際にお湯を注いでみると、りんごジュースのような澄んだ色味がとてもきれいです。

香ばしいカラメルのような風味と、りんごの優しい甘みで、まるでアップルパイを食べているような味わいを感じました。

ラ・フランスだけで作ったラ・フランス茶

『ラ・フランスだけで作ったラ・フランス茶』は、ぜい沢にも日本一の生産地として知られる山形県のラ・フランスを使って作っています。

ラ・フランスは市場に出回る期間が限られていますが、『ラ・フランス茶』なら旬である秋以外にも楽しめることが嬉しいポイントです。

乾燥し細かく砕いたラ・フランスがふわっと香るティーバッグは、『りんご茶』と比べるとしっとりとしていました。

お湯を注いでしばらくすると、ラ・フランスの皮の色を連想させる、薄い黄緑のような色合いが広がります。

飲んでみると芳醇な甘みを感じました。

いちごだけで作ったいちご茶

『いちごだけで作ったいちご茶』は、旬の国産いちごのみを使用しています。

いちごは、低温乾燥でじっくりと水分をとばし、旨味と香りを引き出しているそうです。

個包装された袋を開けてみると、いちごの甘酸っぱい香りがたまりません!

お湯を注いで待っていると、徐々にピンクゴールドのような、きれいな色に変わっていきます。

程よい酸味が感じられ、飲んだ後も口の中に優しい、いちごの香りが残りました。

ベリーだけで作ったベリー茶

『ベリーだけで作ったベリー茶』は、国産のカシス・ブラックベリー・ラズベリーの3種類をブレンドして作っています。

細かく砕かれたベリーが入っているので、『いちご茶』と同様に、ティーバッグは個包装されていました。

お湯を注ぐと、すぐに鮮やかなベリーの色がカップいっぱいに広がります。

きれいなワインレッドの色を目で見て、フレッシュなベリーの味を感じ、2度楽しめる『ベリー茶』です。

4種類の『果実だけで作ったお茶』は、それぞれの果実の2袋セットのほかに、さまざまな果実を楽しめるセットもご用意しました。

暑い時期には、水出しもおすすめです。

水出しの場合、抽出までに12時間ほど冷蔵庫で冷やすのが、おいしく淹れるコツ!

夜寝る前にセットして、次の日に楽しんでみてはいかがでしょうか。

サイズが足りず規格外で売れない果実なども使っているので、フードロス削減への取り組みにもつながります。

また、ノンカフェインなので就寝前でも気にせず飲めて、妊娠中や授乳中などカフェインを控えたい人へのギフトにも喜ばれそうですね。

grape shopでは、『りんご茶』と、スリランカ産の高級茶葉『ヌワラエリア』をブレンドした『りんご香茶』もご用意しています。

甘みのあるフローラルな香りが特徴の茶葉と、『りんご茶』の優しい甘みが見事にマッチ!

自然由来のやわらかな味わいは、今まで飲んだアップルティーとはひと味違いますよ。

果実の恵みをたっぷりと詰め込んだお茶を飲んで、リラックスしてみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top