grape [グレイプ] lifestyle

「これでようやく捨てられる」 中身の入った古い香水、清掃員がすすめる『捨て方』は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

身体や服につけて、香りを楽しむ『香水』。

香水の使用期限はものによって違いがありますが、大抵は3年を過ぎると、少しずつ劣化していくといわれています。

しかし、長年使っていない古い香水をどう捨てるべきかが分からず、そのまま取っておいている人は少なくないのではないでしょうか。

香水の捨て方

2022年11月1日、ゴミ収集会社で清掃員として働きながら、お笑いコンビ『マシンガンズ』としても活動している滝沢秀一さんは、香水の捨て方をTwitterで紹介しました。

滝沢さんによると、香水の中に液体が入っていると、清掃員が収集できないとのこと。

中身がまだ入っている場合、液体は捨てる予定だった布などにしみこませ、ベランダで乾かしてから可燃ゴミに出してほしいといいます。

空になった容器については、容器の材質や自治体によって捨て方が変わるため、確認が必要です。

ちなみに滝沢さんが働く地域では、不燃ゴミの取り扱いになるのだとか。

香水は、香りの好みが年齢とともに変わったり、入っている量が多くて使いきれなかったりなど、余らせがちです。

ルームフレグランスとして再利用する方法などもありますが、正しい捨て方を知っておくことは、大切ですね。

ネット上には「勉強になる」など、投稿に感謝する声が相次ぎました。

・10年以上しまったままの香水の捨て方に、まさに悩んでいました。

・これ知りたかった情報!今度こそ捨てよう。

・なるほど、勉強になりました。ありがとうございます!

11月に入ると、年末に向けて持ち物を整理し、不用品を処分する機会が増えるでしょう。

物の捨て方に悩んだ時は、まず自治体のウェブサイトを確認してみるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

Share Post LINE はてな コメント

page
top