grape [グレイプ] lifestyle

そうきたか…! 斜め上をいく究極の『固めプリン』が誕生

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

みなさんは、とろっととろけるやわらかいプリンと、口の中でも原型を留める固いプリンのどちらが好みですか。

2022年12月23日、そんな論争を打ち砕くあるプリンが発売されました。

プリンを製造、販売しているのは、製菓店…ではなく、金属加工会社。

『金属でできた固めプリン』という、金属製のプリンの販売が開始されました。

世界一固い!?『金属でできた固めプリン』

山形県の金属加工会社である有限会社ヒカルマシナリーと、ユニークな商品企画を専門とする企画会社の株式会社2時によるコラボレーションで生み出された同商品。

アルミ、銅、真鍮、ステンレスの4種の異なる金属でつくられており、それぞれの光沢感や質感の違いを楽しむことができます。

プリン本体には真鍮、カラメル部分には銅を採用。各金属の色味がそのまま活かされたデザインです。

サクランボとクリームの部分は、金属を3Dで彫刻できる機械を使用し、立体的に削り出しているのだとか。

サクランボの部分はアルミ素材を赤くカラーリング、クリームの部分はアルミの色味を活かしつつ、ややマットに加工しているそうです。

ステンレスのブロックから削り出したという、脚付きカップの美しい曲線にもうっとりとしてしまいますね。

『金属でできた固めプリン』の重さは、なんと1.3kg。

重厚感はもちろん、使うたびに味が出てくる経年劣化も楽しめます。

また、プリンのカラメル部分はフタになっており、中に小物が入れられるのも嬉しいポイント。

インテリアとしても、小物入れとしても活躍してくれる、プリン好きにはたまらないアイテムでしょう。

価格は、税込み4万5千円。玄関やリビングに『金属でできた固めプリン』を飾り、経年劣化を楽しんでみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top