grape [グレイプ]

厚生労働省がブラック企業を初公表 最長時間外労働『197時間』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

5月19日、厚生労働省は違法に月100時間を超える残業を従業員に課していたとして、千葉市にある棚卸し業務の代行会社「エイジス」に行政指導を行い、企業名を公表しました。

厚労省は長時間労働の対策として、行政指導の段階で企業名を公表する方針を2015年に決めており、実際に公表されたのは今回が初めてです。

ブラック企業の実情

こちらは、厚労省が発表したエイジスの実情。

平成15年2月○日

出典:厚生労働省

エイジスが課した最長の時間外労働時間は「197時間」。

197時間はどのくらいかというと、すべての平日の残業時間が7時間ほどで、かつ土日のうち毎週どちらかを出勤しているような状態。

業務が忙しいとはいえ、これではライフワークバランスが保たれているとは言いがたいです。

エイジスの対応

エイジスはこのことを受け、代表取締役をトップとするプロジェクトチームを発足。長時間労働の削減に着手しているとのこと。

今回、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけする事態となり、心よりお詫び申し上げます。

当社はすでに、代表取締役社長をトップとするプロジェクトチームを発足させ、外部専門家による助言を得ながら、長時間労働の削減に着手致しております。

株式会社エイジス ーより引用

エイジスは上場企業であり、今回の企業名の公表によって評判悪化は避けられず、株価も下がっているようです。

まだ公表されている企業が一社だけというのが気になりますが、さらなる調査を進め、実態を明らかにし改善を促してもらいたいものです。

出典
違法に100時間超も残業・・・ 国が企業名を初公表(16/05/19)厚生労働省 株式会社エイジス

Share Tweet LINE コメント

page
top